脱毛サロンと医療脱毛クリニックはどっちがいい?違いを徹底解説!

脱毛を検討している、あるいは検討したことがある人なら、一度は通る悩みがあると思います。脱毛サロンにするのか、医療脱毛クリニックにするのかです。
何かが違うということは知っているものの、その違いを知っている人って意外と少ないのではないでしょうか。

本記事では、脱毛を考えており、事前に脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いを把握したい人に向けて、基本事項から比較していきます。

読み終えた時には、ニーズに合わせて適切な脱毛プランを選択できるようになります。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

脱毛サロンと医療脱毛クリニックは、脱毛方式施術者通う期間が異なるなど、大きな違いがあります。大まかな違いは以下の図のようになっています。

  脱毛サロン 医療脱毛
クリニック
脱毛方式 光脱毛 レーザー脱毛
施術者 サロン認定スタッフ 看護師
医師
通う期間 1~2年 2~3年

これらの違いを細かく見ていきましょう。

脱毛方式の違い

サロンとクリニックの最も大きな違いは、レーザーの「強さ」です。

脱毛サロンのほうが弱く、医療脱毛クリニックのほうが強い力のレーザーを照射してくれます。ただ、必ずしも強ければよいというわけではありません。

脱毛サロン:光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、身体に害のない可視光線を用いた脱毛方式です。脱毛部位にライトを照射することで、毛根にダメージを与えて弱らせます。
繰り返し照射することで毛を生えにくくする方法となります。

光脱毛は照射のパワーが弱いので、肌に優しく、痛みも弱いというメリットがあります。「脱毛=痛い」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、光脱毛はあまり痛みを感じない場合がほとんどです。

その反面、パワーが弱いので通う回数が増えてしまう、脱毛完了までに時間がかかる、毛乳頭を破壊できないので永久脱毛はできない、といったデメリットもあります。

医療脱毛クリニック:レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療機関でのみ扱える強力なレーザーを用いた脱毛方法です。
脱毛部位にレーザーを照射し毛根を破壊することで、毛が生えてこなくする方法となります。

レーザー脱毛は照射のパワーが強いので、1回当たりの効果が高く、短い期間で脱毛が完了します。
また、レーザー脱毛では毛乳頭を破壊するため、永久脱毛が可能というメリットがあります。

その一方で、やはり痛みが強い、照射後の赤みなどが少し強く出てしまうことがある、といったデメリットがあります。

施術者の違い

男性医師

実際に施術してくれる人も、サロンとクリニックでは異なります。この違いがサロンとクリニックの違いを分ける所以でもあります。

サロン:サロン認定スタッフ

サロン認定スタッフとは、その名の通り、各脱毛サロンが「施術をしてもよいですよ」と認定したスタッフの事を言います。
認定の基準はサロンによって異なりますが、その基準を超えれば資格などを有する必要がないというのが特徴です。

そのため、炎症などが起こった際にアイシングや保湿などのケアはしてくれるが専門的な処置はできず、ひどくなってしまった場合などには別途自分で病院に行く必要があります。

クリニック:看護師または医師

クリニックでは看護師か医師が施術してくれます。そのため、もちろん全員国家資格を有しています。
なのでクリニックでは強力なレーザーを使用でき、炎症などの反応が出てしまった際にも適切に対処してくれます。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックはどっちがいい?

ここまで、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いや、メリット・デメリットについて解説しました。どちらが良いか迷っている人に向けて、医療脱毛クリニックと脱毛サロンのどちらが向いているのかを、具体的に紹介します。

医療脱毛クリニックのほうが向いている人

医療脱毛クリニックに向いている人は、強いレーザーが向いている人です。具体的にどんな人なのか見ていきましょう。

永久脱毛をしたい人

医療脱毛をする一番のメリットは、やはり永久脱毛が可能なことでしょう。医療脱毛では毛乳頭を破壊します。一度毛乳頭が破壊された毛穴から毛が生えてくることはないため、ゴールのある脱毛が可能です。

効果を重視したい人

一回あたりの効果が高いのも、医療脱毛です。医療脱毛のレーザは狭射なので、一度の照射で集中的に作用するので、確実に脱毛を完了しつつあるという実感を得ながら脱毛ができると思います。

短期間で脱毛したい人

通う回数が少ないので、必然的に通う期間もサロンよりも短くなります。脱毛箇所にもよりますが、回数にして5~8回、期間は1~2年ほどになります。

 

脱毛サロンのほうが向いている人

価格を抑えたい人

キャンペーン内容にもよりますが、減毛したいという人は、脱毛サロンのほうが安価に抑えることができます。

ただし、永久脱毛ができないという点には注意してください。つるつるになりたい人は定期的に通い続ける必要があるので、医療脱毛のほうが早く安く脱毛が完了することもあります。

痛みに弱い人

光脱毛はパワーが弱いので、痛くない場合がほとんどです。

私自身、いくつかの脱毛サロンの体験に行ったことがありますが、どれも痛かったことはありませんでした。
あご先などの痛みに敏感な部分でも、軽く爪ではじかれている程度の痛みしか感じず、大体は照射の光によるまぶしさがなければ照射されていることにも気づかないくらいでした。

一方、医療脱毛はやはり痛みを感じます。耐えがたいほどではないにせよ、若干こらえる必要があるくらいの痛みはあります。

しかし、医療脱毛クリニックでは麻酔を使用することができるので、サロンですら痛いという人は医療脱毛クリニックのほうがよいかもしれません。

通いやすさを重視したい人

通いやすさを求めている方は、脱毛サロンがおすすめです。駅の近くに店舗があるため通勤・通学のついでにも通いやすいです。 また、全国展開していることが多く、契約期間中の引越しの際にも安心です。

 

まとめ

このように、脱毛サロンと医療脱毛クリニックには様々な違いがあります。迷っている人は契約をする前に、無料カウンセリングに行って相談したり、体験脱毛などに行ってみることをお勧めします。本記事で紹介したことを参考に、自分に合った脱毛方法を選択てください。

関連記事
コラム

ヒゲ脱毛ってどんないいことがあるの?メンズ脱毛でも圧倒的人気のヒゲ脱毛が【おすすめの理由】を徹底解説!

2020年11月12日
ヒゲ脱毛ANSWER
女性の間では常識となっている脱毛ですが、最近ではよく、ヒゲ脱毛、メンズ脱毛などという言葉を耳にする機会が増えましたよね。 昔は男性の脱毛っ …