カードローンは即日で借りられる?審査にかかる時間と選び方の注意点

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

今すぐお金が欲しい!今日中に借りられる?

少しでも早くお金を借りられるカードローンはどこ?

急にお金が必要になったけれど、手持ちがない、時間もない…という人にはカードローンの利用という選択肢もあります。

この記事では審査が早く、即日性を重視したカードローン会社を紹介し、融資までの流れも説明します。

急ぎでお金を借りたい人におすすめのカードローン

   審査時間 融資時間 金利(実質年率) 利用上限額
プロミス 最短30分 最短30分 4.5%~年17.8% 500万円
アコム 最短30分 最短即日 3.0%~年18.0% 800万円
アイフル 最短30分 最短即日 3.0%~年18.0% 800万円
SMBCモビット 最短30分 最短即日 3.0%~年18.0% 800万円
レイクALSA 最短15秒(仮審査) 最短1時間 4.5%~年18.0% 500万円
J.score 記載なし 最短即日 0.8%~年15.0% 1000万円

即日で借りられる?カードローンの申請手続きを早くするコツ

すぐにお金が欲しいという方は、カードローン会社選びの他にも手続き時の工夫で融資完了までの時間を減らすことができます。

申し込み時のコツ

WEB完結型のカードローンを選ぶ

カードローンの申し込みには、いくつか種類があります。特に急いでいる場合は、パソコンやスマホを使って手続きを済ませる「Web完結」という申込方法がおすすめ。

契約書類の提出がWeb上で行えるので、書類のコピーや郵送の手間、店舗まで出向く手間が省け、申し込んでから融資を受けるまでにかかる時間を最短にできます。

さらにWeb完結ならカードの発行なし(カードレス)でその後の取引ができる場合が多く、郵便物を見られてカードローンの利用がバレるのを防ぎます。

土日祝対応のカードローンを選ぶ

カードローンの中には、土日祝に申込手続きを済ませても、審査開始が翌日以降になってしまうサービスもあります。

土日祝にすぐお金が必要になった場合は、土日祝でも手続きを進められて融資の対応をしてくれる金融機関を選びましょう。

一般的に銀行のカードローンは土日休みのため遅くなる傾向があります。消費者金融であれば土日祝対応している会社も多くあるので、そちらを利用するのがおすすめです。土日でも21時以降だと即日融資が難しくなるので、できるだけ早い時間、午前中に手続きを済ませておくようにしましょう。

申し込み後にフリーダイヤルに電話

少しでも早くお金を手にしたいなら、申込手続きを終えたあとにフリーダイヤルに電話すると、審査を優先的に進めてくれる金融機関もあります。

たとえば以下のカードローンでは、急いでいる人向けの電話番号を公開しています。

  • アイフル……0120-337-137(受付時間:9:00~21:00)
  • SMBCモビット……0120-03-5000(受付時間:9:00~21:00)

アイフルでは受付完了メールが届いたあと、SMBCモビットでは申込完了画面のあとに表示されるユーザーIDがわかる状態での電話が推奨されています。

即日融資希望なら、少々手間がかかったとしても電話を1本入れておくことをおすすめします。

手続き時のコツ

即日で借りられるカードローンを選んだとしても、手続きにミスがあると確認や再提出の時間がかかり、即日で融資を受けられない場合があります。

うっかりミスをして審査時間を長くしてしまわないよう、手続き時に抑えておくべきポイントを紹介します。

書類の不備をなくす

確認書類に不備がある場合、金融機関側での確認に時間がかかり、再提出が必要になるなどで時間をロスしてしまいます。

特に気を付けたいのが、本人確認書類の画像送信です。場合によっては「運転免許証と源泉徴収票」「健康保険証と公共料金領収書」など複数の書類提出が必要となります。組み合わせに指定がある場合もありますので、どんな書類が必要か確実に把握して送るようにしましょう。

さらに、写真がブレたり光が反射したりして文字が読めなくなってしまうとNGです。細かい文字まで読み取れる状態を確認してから送信しましょう。

連絡の付きやすい電話番号を登録

申込みをしたあと、金融機関から確認の電話がかかってくることがあります。その電話に出られないと手続きが先に進まず、即日融資が遅くなってしまいます。

申込画面で入力する電話番号は、自宅の番号よりも、普段持ち歩いている携帯など着信に気付きやすく出やすい番号にしておきましょう。

希望借り入れ額は必要以上に高く設定しない

カードローンを申し込む際は、いくら借りたいのか希望額を申請します。金融機関ではその内容をもとに「お金を貸しても問題ない人かどうか」の審査を行っています。あまりに金額が大きいと、この審査に通過しにくくなる場合があります。

審査に落ちると、その金融機関でお金を借りることはできません。他社に申し込むなど別の対応を取る必要が出てくるため、結果的に、お金を手にするまでに時間がかかることになります。

また、貸金業法には「総量規制」というルールがあり、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。たとえば年収300万円未満の人が「100万円借りたい」という希望を出しても全額を借りるのは難しいでしょう。1社だけでなく他社での借入も含めて3分の1までです。

審査が早い消費者金融カードローンとは?

カードローンの種類

カードローンを提供している金融機関には主に、店舗がある銀行・ネット銀行・消費者金融の3つです。

銀行で借りる場合、店舗の有無にかかわらず数日かかることが多いです。審査が「最短で翌営業日」と公表している会社もあり、土日を挟むとさらに遅くなります。

一方で消費者金融では申し込んだその日に借りられることもあります。ただ、消費者金融は金利が高くなりがちです。金利が高いほど返済の負担が重くなるので注意が必要です。

カードローン会社ごとの具体的な特徴

プロミス

Web完結・カードなしで借入可能

プロミス

審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
限度額(極度額)
最大500万円
実質年率
年4.5%~17.8%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

プロミスをおすすめする理由

  • Webから申し込めば最短30分で借りることもできる
  •  
  • 自分の口座に振り込んでもらえる
  •  
  • はじめての利用なら最大30日間利息0円(メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスは融資までの時間が最短30分となっており、審査時間を短くしたい方におすすめのカードローンです。

また仮審査の結果は最短15秒で診断でき、年齢・年収・他社での借入金額を入力するだけで審査に通過できる見込みがあるか簡易的にチェックできるようになっています。

アコム

利用者数1,000万人以上のアコム

アコム

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

アコムをおすすめする理由

  • 「Web申込+自動契約機でカード発行」なら最短即日で借入れ可能
  •  
  • 最短30分で審査回答がもらえる

アコムは審査時間が最短30分となっており、即日借入も可能です。

アコムの公式サイト内には「3秒診断」というコーナーがあり、年齢・年収・他社での借入金額を入力するだけで審査に通過できる見込みがあるか簡易的にチェック可能です。

アイフル

30日間無利息のアイフル

アイフル

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

アイフルをおすすめする理由

  • Webで完結するのでバレずに借りられる
  •  
  • 本審査は最短30分で完了

アイフルも即日融資が可能な消費者金融で、Web申込でカードレスの取引もできます。特に急ぎの場合は、申込後にコールセンターに電話することで優先的に審査を進めてもらえます。

SMBCモビット

10秒で簡易審査結果表示のSMBCモビット

SMBCモビット

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

公式サイトはこちら

SMBCモビットをおすすめする理由

  • 最短即日融資も可能 ※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合あり
  • 10秒で簡易審査結果表示
  •  
  • セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能

SMBCモビットの「Web完結申込」は、スピードだけでなく電話連絡や郵送物なしで借入まで進める点もメリットです。周囲に利用を知られたくない方にも役立つでしょう。

少しでも早く借りたいなら、申込後にコールセンターに電話して急いでいる旨を伝えるのがおすすめです。

レイクALSA

レイクALSA

審査時間
最短15秒(仮審査)
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大500万円
実質年率
年4.5%~18.0%

※「借り入れ金額5万円まで180日間利息0円」と「借り入れ全額30日間利息0円」の2つの無利息ローンは併用できません
※最短即日借入れの場合、平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要

公式サイトはこちら

レイクALSAをおすすめする理由

  • 仮審査の結果は最短15秒
  •  
  • 24時間365日申し込みに対応
  •  
  • 金利無し期間のサービスが複数あり(条件があります)

レイクALSAでは、最短即日でお金を借りることができます(※)。仮審査の結果は最短15秒でわかり、早ければ申し込みから1時間でお金を手にすることも可能です。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

J.score

即日融資可能なネット銀行 J.score

J.score

審査時間
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大1000万円万円
実質年率
年0.8%~年15.0%

公式サイトはこちら

J.scoreをおすすめする理由

  • 即日融資が可能なネット銀行のカードローン
  • AI技術でお客様の信用度・可能性を精密にスコア化

J.scoreはネット銀行の中では珍しく、最短で即日融資を可能としています。「いますぐお金が欲しいけど金利は抑えたい」という方におすすめのカードローンです。

カードローンの借入はどんな流れで進む

即日融資までの流れ

カードローンの申込方法は、金融機関にもよりますがおもに以下のようなパターンがあります。

申し込み方法 主な手順
web パソコンやスマホからインターネット経由で申し込む
スマホアプリ 金融機関の公式アプリを使って申し込む
電話 金融機関のフリーダイヤルに電話して口頭で情報を伝えて申し込む
店頭窓口 金融機関の店舗に行って窓口で申し込む
無人契約機 街角にあるローン契約機の中に入って申し込む

自分で都合のよい方法を選んで申し込めるようになっていますが、「即日性重視で、できるだけ早く借りたい」ならWebでの申し込みがおすすめです。

電話や窓口などは営業時間が決められているので制約がありますが、Webなら基本的に24時間365日申し込みが可能です。手元にスマホやパソコンがあればいつでもどこでも申し込めて、移動時間、申込手続きにかかる時間、審査時間をそれぞれ短縮できます。

スマホアプリで申し込みから借り入れまでできる会社なら、Web同様のメリットがあります。

準備する書類は

カードローンを申し込むときは、住所や氏名などの基本的な個人情報を確認するための「本人確認書類」を提出します。

本人確認書類とは、たとえば運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証などです。顔写真がついていない証明書の場合、異なる2種類の提出を求められる場合もあります。

また、場合によっては「収入証明書類」の提出が必要な場合もあります。これは、源泉徴収票、給与明細、確定申告書、税額通知書などが該当します。

必要書類を手元に用意してから申し込むと、手続きをスムーズに済ませられるでしょう。郵送やFAXによる書類提出は時間がかかるため、即日で早くお金を借りたい場合はインターネット上にアップロードするのがおすすめです。

スマホなどのカメラで証明書類を撮影して、金融機関の指示にしたがって送信します。暗すぎたり文字がぼやけたりして見えない状態だと、再提出が必要になります。早く済ませるためにも、丁寧に確実に文字が読み取れる写真を撮って送るようにしましょう。

郵便物や電話は来るのか

申込みが済んだあと、多くの金融機関では申込者本人の携帯や職場の連絡先に電話をかけています。これは審査の一環で、本当に申し込んだ本人なのか、本当にその職場で働いているのかを確認するために行われます。

基本的に電話口で会社名は名乗られないので、職場にバレる可能性は低いですが、不安な方は電話を折り返すなどすると会話の内容からバレてしまうのを防ぎます。

アイフルやSMBCモビットのように「電話連絡は原則なし」としている会社もあるので、そちらを利用するのもおすすめです。

また、カードローンでは自宅に取引の際に必要な「ローン専用のカード」が送られてきます。

郵送物には消費者金融の社名は記載しない状態で送るなど、周囲に知られたくない人にも配慮している会社が多いですよ。

電話連絡や郵送物を避けたい場合は、それができる会社や申込方法を選びましょう。

どこでお金を受け取るのか

審査に通過して、契約手続きが完了したら、いよいよお金を借りられる状態になります。

お金を借り入れる方法は、次のようなパターンがあります。

  • インターネットや電話で振込を依頼する→指定した口座に入金される
  • ATMに行ってアプリでQRコードを読み取り手続き→ATMから現金を受け取る

基本的に「振込」なら手数料もかからず、時間を問わずすぐに手続きできて便利です。

ただ、入金先として指定する口座によっては時間がかかる場合もあるため、その口座がある金融機関に問い合わせて確認しておくのが安心です。

返済の流れ

月々どのように返していくのか

お金は「借りる」ときだけでなく「返す」ときのことも考えておきましょう。

利用するカードローンや借りている金額によって、返済日や返済額が異なりますので、必ず確認して期日に遅れることなく返済できるようにしましょう。

返済方法には、以下のような種類があります。

返済方法    
口座振替 毎回の返済日に、指定した口座から自動で引き落とし
ATM ATMに行って返済用口座に所定の金額を入金する
振込 自分の口座から返済用の口座にお金を振り込む

返済の期日を忘れてしまいそうで不安な方は、口座振替がおすすめです。ATMまで行く手間もかかりません。ATMや振込の場合は、手数料がかかるケースもありますので要注意です。

返済が厳しい時はどうすれば良いのか

どうしてもお金がなく、決められた期日までに返済するのが難しい場合は、できる限り早くカードローン会社のコールセンターに連絡します。

多くの金融機関では「期日に間に合わないけれど返す意思はある」ということを伝えれば、相談に応じてくれます。支払期日を延ばしてくれたり督促の電話をかけずに済ませてくれたりすることもあります。

一番やってはいけないのは、お金を返さず連絡もせず、金融機関からかかってきた電話を無視してしまうことです。

カードローンの利用が停止されたり、信用情報に傷が付いて他社での新規借入もしにくくなったりする可能性があります。返済が遅くなるほど、遅延損害金(延滞利息)を多く支払う必要も出てきます。

カードローンを利用できない場合も

ここまで「借りられる」ことを前提としてお話をしてきましたが、実は「カードローンを利用できない」という場合もあります。

申し込み条件を満たしていない

詳細な内容は金融機関ごとに違いますが、以下のような方は、そもそも申し込み自体ができない場合が多いです。

  • 未成年の方
  • 高齢者(60代以降は要注意)の方
  • 安定した収入がない方
  • 借りたお金を事業用に使う予定の方

条件のうち「安定した収入」は、正社員でなくても派遣社員やパート・アルバイトでも毎月一定の稼ぎがあればクリアできることが多いです。学生や専業主婦でも借りられる場合もありますよ。

利用したいカードローンを見つけたら、その申込条件を調べて、自分がそもそも申し込める人なのかどうか確認しましょう。

在籍確認ができない

多くの金融機関では、自社のカードローンに申し込みをしてきた人が本当に申込時に申告した職場で働いているのかどうか、職場に直接電話をかける「在籍確認」を行なっています。

在籍確認が済ませられないと、手続きが先に進まず時間がかかったり、審査に落ちたりする原因になります。自分が普段働いている場所の連絡先を正確に申告するようにしましょう。

在籍確認を避けたいなら、電話連絡を基本的に行っていない金融機関を探して申し込むのも1つの方法です。数は少ないですが、たとえばSMBCモビットやアイフルなどは「職場への連絡は基本的に行っていない」と明言しています。

ただし、SMBCモビットのように「電話連絡なしにするためにはWeb完結申込でないといけない」などの条件が付いている場合もあります。

また、SMBCモビットではWeb完結申込をするためには「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかで指定の銀行口座を持っている」「協会けんぽか健康保険組合の保険証を持っている」といった条件のクリアが必要になりますので要注意です。

同時に何社も申し込んだ

同時にいくつもの会社でローンの申し込みをすると、金融機関から「相当お金に困っている人だ」と警戒され、審査に通過しにくくなります。

1社ずつ申し込んで、審査に落ちたら次を申し込むというようにした方が、結果的に早くお金を借りやすくなります。

ローンやクレジットカードの申込があると信用情報機関というところに情報が登録され、その情報は各金融機関で照会できる状態になっています。

申し込みをするたびにこの信用情報機関に情報が登録され、履歴として残ることになります。「早く借りたい」「どうしても借りたい」と思うほど複数社の審査を同時並行で進めたくなりますが、それは避けましょう。

他社からの借入が多い

他社での借入額や借入件数が多い場合も、審査に落ちやすくなります。他社での今の借入状況も、信用情報機関に登録されているため金融機関はすぐに把握できます。

貸金業法の総量規制というルールで「年収の3分の1を超える貸付は原則禁止」とされているため、目安としてこの基準を超えると借りにくくなると考えておきましょう。

過去に長期延滞や債務整理をしている

過去に長期延滞や債務整理をしたことがある方、つまり「借りたお金を返せなかったことがある方」も審査に通過するのが難しくなります。

この情報も、信用情報機関に登録されています。一度登録されてから5年~10年は消えないので、この間に長期延滞や債務整理があった方は要注意です。

信用情報機関に登録されている自分の情報は、開示手続きをすれば自分で見ることもできます。少々時間と手数料がかかるのがネックですが、自分が前回滞納したのがいつだったか思い出せない場合などに有効です。

カードローンが利用できない場合の対処法

クレジットカードのキャッシング枠を利用

急いでお金を用意したいときは、カードローンではなく手持ちのクレジットカードを利用する方法もあります。

手持ちのクレジットカードに「キャッシング枠」がついていれば、その範囲内でお金を借りられます。申込みも審査も不要で、ATMに行くだけで済むため手軽です。

ただしクレジットカードのキャッシング枠は、数万円から数十万円程度に設定されていることが多く、必要なお金が多い方にとっては足りないかもしれません。また金利が年15.0%~18.0%などカードローンと比べて高い傾向があるのも特徴です。

質屋を利用

ブランド品や宝石など価値の高いものを持っている方は、質屋を利用する方法もあります。

質屋は、品物を預けることでお金を借りられるサービスです。基本的に品物の価値が高いほど多くの金額を借りられるしくみで、品物を持ち込めばすぐにお金を貸してもらえるのもメリットです。

決められた期限までに、借りたお金と利息の分を返せば、預けていた品物は自分の手元に返ってきます。ただし、返済できなかった場合には、品物は戻らず売却されてほかの人のものになってしまいます。

家族に借りる

お金に困ったときは、家族に頼るのもひとつの選択肢です。「恥ずかしい」「迷惑をかけたくない」といった気持ちもあるかもしれませんが、親族はもしかしたら「困ってどうしようもなくなる前に相談してほしい」と思っているかもしれません。

代わりにお金を出してもらえたり、金融機関で借りるより期日や金利も厳しくない状態で借りられる場合もあります。

人間関係に響く可能性もありますので、むやみやたらにお金を無心するのは避けたいところですが、最終手段としてこういった方法もあることを覚えておきましょう。

まとめ

「急ぎでお金を借りたい」「今日中にお金が必要」という場合は、銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンをおすすめします。金利は高めな傾向がありますが、「最短で即日融資可能」とうたっている会社が多数あります。

Webで完結する申込方法を選ぶと、最短で借りやすくなるので特におすすめです。カードローンにも申込方法はさまざまありますし、お金を工面する方法はカードローン以外にもあります。

「早くお金を用意しないと!」と焦ってしまうかもしれませんが、後悔を防ぐためにも、さまざまな方法を比較して自分に合ったものを選びましょう。