今すぐ10万円借りたい!必要な方へおすすめの4つの解決方法

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

「どうしても近いうちに10万円を作らなきゃならない…」

「来週までに10万円借りないとやばい!」

この記事ではどうしても10万円が必要な人向けに、お金を借りる4つの方法を紹介しています。
それぞれの方法のメリット・デメリットも紹介していますので、自分に最適な方法を選んでくださいね。

10万円借りたい人におすすめの4つの方法

即日10万円を借りたい人には消費者金融カードローン

「今すぐ10万円を借りたい」と思ったとき、一部の消費者金融に申し込めば最短30分で審査結果が出て、簡単な手続きでお金を借りられます。申込みから借入・返済まで電話やチャット・メールできめ細かくサポートする体制も整っているので、初めて消費者金融を利用する人でも安心です。

なかには、「消費者金融は怖い・怪しい」と思う人もいるかもしれませんが、実は法令で定められた厳しい審査にパスして運営されているのです。業務の進め方もルール化されており、プライバシー保護をはじめ「利用者に健全に利用してもらう」という考え方で運営されています。

一度契約を済ませれば、利用限度額の範囲内で必要な時にお金を借りられるので、いざという時の心強いツールとして活用できるでしょう。

クレジットカードを持っている人ならキャッシング枠

クレジットカードも、すぐにお金を借りる一つの方法として活用できます。クレジットカードには、普段の買い物で利用できるショッピング枠とは別に、必要な時に現金を借りられるキャッシング枠が設定されている場合があります。

キャッシング枠があればATMや振込での融資ですぐにお金を借りられるのでハードルの低い方法といえるでしょう。とはいえ金利は消費者金融と同水準なので、計画的に利用するようにしましょう。

キャッシング枠がついていない場合は、カード会社に申し込めば審査の上で即日~数日後に枠を設定してもらえます。

まだクレジットカードを持っていないという人は、即日発行に対応したカードを申し込む方法もあります。スマホアプリでキャッシングも利用できる、ナンバーレスタイプのクレジットカードを検討するのもよいでしょう。

金利を抑えたい人には銀行カードローン

現金を借りる方法として、銀行カードローンという選択肢もあります。消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比べると金利面で有利ですが、審査結果がわかるのが最短でも翌営業日なので、今日明日中にお金が必要な場合には注意が必要です。

今すぐお金が必要でなくても、いざという時の出費に備えてカードローンを申し込んでおくこともできます。

なお一部の銀行では、ATMで入出金を終えた後にカードローン申し込みの勧誘画面が表示されることがあります。この場合は、画面上で必要な手続きを済ませた後に郵送で審査結果が届きます。

※地元銀行のATMで、こんな画面が出現しました→その場でお金借りられるのか、あるいは審査結果が後日回答になるのか、トライしてみます。

失業中でもお金を借りられる「緊急小口資金」

消費者金融や金融機関からお金を借りるのが難しい場合は、一定の条件を満たせば都道府県の社会福祉協議会が実施する「緊急小口資金」を申請できます。 所得が低い世帯などを対象に、無利息で最大10万円まで借りられる制度です。

滞納した家賃や公共料金・税金などを支払わなければならない場合など緊急性が高いときに申請できますが、他の借金の返済には充てられないので注意しましょう。今後の収入の見通しが立っていれば、失業中の人や一時的に休業中の人も対象となります。

即日10万円を借りたい人におすすめの消費者金融カードローン5選

下の表を見ると、消費者金融では申し込みから1時間ほどでお金を借りられることがわかります。金利は高めですが、初めて利用する人を対象に30日間の無利息サービスを提供する業者が多いのが特徴です。

審査時間 融資時間 金利 無利息期間
レイクALSA 最短15秒 最短60分 年4.5~18.0% 30日間
プロミス 最短15秒 最短30分 年4.5~17.8% 30日間
アイフル 最短30分 最短60分 年3.0~18.0% 30日間
モビット 最短30分 最短60分 年3.0~18.0% なし
アコム 最短30分 最短60分 年3.0~18.0% 30日間

消費者金融カードローンとは

消費者金融カードローンとは個人を対象にした融資サービスです。設定された限度額の範囲内なら、自由にお金を借りられるのが特徴です。

消費者金融として営業するには貸金業法という法律に基づき、都道府県または財務局の登録を受けることになっています。厳しい審査を受けて登録・更新を行うため、法令に基づく健全な運営体制がとられています。

消費者金融は「サラ金」と呼ばれることがありますが、日本で消費者金融ビジネスが始まった1960年代に、サラリーマン(ビジネスパーソン)を対象にしていた名残りです。

当時の金利は年109.5%ということもあり、返済に苦しむ人が続出するなど社会問題化しました。1983年以降、金利は段階的に引き下げられましたが、利息制限法と出資法の上限金利の間での金利設定が許容される「グレーゾーン金利」の問題も残ったままでした。

その後、2010年6月に貸金業法が改正されてグレーゾーン金利が撤廃され現在の上限金利と借入額の総量規制ルールが定まったのです。上限金利を守らない業者は「闇金」であり、違法営業にあたるので関わりを持たないよう気をつけましょう。

総量規制ルールに先立ち、予想される苦境に立ち向かうべく大手消費者金融はメガバンクとの関係強化に乗り出しました。

消費者金融カードローンのメリットとは

消費者金融のカードローンは、申し込んだ当日に10万円を借りられる可能性が高いといえるでしょう。 安定した収入があれば、正社員だけでなくパートやアルバイト・派遣社員の人も申し込めます。パソコンやスマホで簡単に申し込めて、借り入れや返済もコンビニATMなどで手軽に行えます。

10万円前後の融資なら、必要書類も本人確認書類だけというケースが多いです。申し込みから契約手続きまでWeb完結できる業者なら自宅への郵送物を避けられるので、誰にも知られずにお金を借りられます。

お金がピンチの時に重宝する消費者金融ですが、当然お金を借りた後は返済が待っています。本当にお金が必要な時だけ利用するのが、消費者金融を上手に活用するコツです。

消費者金融カードローンのデメリットとは

クレジットカードのキャッシングとほぼ同じ使い勝手とはいえ、消費者金融に抵抗を感じる人も多いようです。

消費者金融は銀行カードローンより金利が高いため、借りたお金が多くなるほど、そしてお金を借りる期間が長期化するほど支払う利息も多くなってしまいます。

また他社を含めて契約者1人あたりの借入総額を年収の3分の1以内とする「総量規制」が徹底されているため、高額の融資を受けにくいのもデメリットです。一方で、借りられるお金が少なければその分月々の返済の負担が減り、返済に苦しむリスクが低くなるという見方もできるでしょう。

レイクALSA

パソコン・スマホから申し込むと最短15秒で画面上に審査結果が表示され、そのままWeb完結で契約できるのがレイクALSAの特徴です。

公式スマホアプリを使えば、本人確認手続きや必要書類の提出もスムーズに行えて、申込みから最短1時間でお金を借りられます。21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了すれば、一部の金融機関を除いて当日中に借りたお金を振り込んでもらえます。

カードレス取引を選べば自宅への郵送物を避けられるので、家族に内緒でお金を借りたい人でも安心です。金利は年4.5%~年18.0%、ネット申し込みなら初回契約日の翌日から60日間の利息が0円になるサービスも受けられます(契約額200万円までが対象)。

レイクALSA

審査時間
最短15秒(仮審査)
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大500万円
実質年率
年4.5%~18.0%

※「借り入れ金額5万円まで180日間利息0円」と「借り入れ全額30日間利息0円」の2つの無利息ローンは併用できません
※最短即日借入れの場合、平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要

公式サイトはこちら

プロミス

利用希望額50万円以内の人なら、スマホから申込めば最短15秒で仮審査の結果を確認可能です。本審査の結果も最短30分でわかります。

公式スマホアプリや金融機関口座で本人確認を行えばWeb完結で契約でき、申込みから最短1時間で振込融資やスマホATM取引でお金を借りられます。メンテナンス時を除いて、最短10秒で振込融資を受けられるのがプロミスの特徴です。

金利は年4.5%~17.8%と他の消費者金融より低い水準、初回借入日の翌日から30日間の無利息サービスも受けられます。別途手続きを取れば、三井住友VISAプリペイド(デビットカード)にチャージして、普段のショッピングでも利用可能です。

Web完結・カードなしで借入可能

プロミス

審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
限度額(極度額)
最大500万円
実質年率
年4.5%~17.8%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

アコム

パソコン・スマホや自動契約機で申し込めば、最短30分で審査結果がわかるのがアコムの特徴です。

Webで契約手続きを済ませると、申込みから1時間ほどで振込融資を受けられます。楽天銀行の口座には手続き完了から最短1分で振り込まれますが、他の銀行口座を利用する場合には当日中に振込融資を受けられない場合があるので注意が必要です。

自動契約機または郵送でのカード受け取りが必須ですが、封筒には「ACサービスセンター」と記載されており、外からはアコムからの郵送物かどうかは分かりません。カードも基本的にACマスターカード(券面に「Mastercard」とだけ表示)として発行されます。100万円未満の融資の場合、金利は年7.7%~年18.0%です。

利用者数1,000万人以上のアコム

アコム

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

アイフル

アイフルでは、基本的に勤務先への在籍確認を行わないため職場関係者に借金がバレる心配がありません。申込画面の「その他雇用形態」欄に副業の内容を登録できるため、副業収入も加味した審査がなされているようです。

申し込んだ後審査結果がわかるまで最短30分、急いでお金を借りたい場合は専用フリーダイヤル(0120-337-137)に連絡すると優先的に審査を受けられます。

Web完結の契約でカードレス取引を選べば、自宅にも郵送物が届かないので誰にも知られずにお金を借りられる可能性が高いのが特徴です。金利は年3.0%~年18.0%、メンテナンス時を除いて最短10秒で振込融資を受けられるので、急いでお金を借りたい時には重宝します。

30日間無利息のアイフル

アイフル

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

※はじめての方に限り、最大30日間無利息

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットでは10秒簡易審査に対応しており、お金を借りられるかどうかがすぐにわかります。即日融資を希望する場合は、ネットで申し込んだ後モビットコールセンター(0120-03-5000)に連絡すると、Webでの入会手続き後すぐに振込融資でお金を借りられます。

健康保険組合または協会けんぽの保険証を持っていて、なおかつ指定銀行の口座を持っている人はWeb完結での契約が可能です。在籍確認は基本的に省略されます

Web完結の対象外の人は、指定した郵便局やコンビニでカードを受け取れるので家族に知られる可能性も減らせます。 金利は年3.0%~年18.0%、他の消費者金融と同様の水準です。

10秒で簡易審査結果表示のSMBCモビット

SMBCモビット

審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
限度額(極度額)
最大800万円
実質年率
年3.0%~18.0%

公式サイトはこちら

消費者金融から借りた場合の返済について

一般的な消費者金融の返済の仕方

消費者金融でお金を借りた後は、最後にお金を借りた時の借入残高(借入直後残高)に応じて決まった額を毎月分割払いで返済するのが基本です。お金に余裕がある月に返済額を増やしたり、あるいは借入残高を一括で返済しても構いません。一部の消費者金融では、35日サイクルでの返済を選べる場合もあります

分割返済の場合の利息は、以下の計算式で計算可能です。支払利息=返済日当日の借入残高×借入利率÷365日×前回返済日の翌日から今回の返済日までの日数

万が一返済が滞った場合は、電話やメール・SNSで入金を促す連絡が入るだけでなく、返済予定額を入金するまで追加借入ができなくなります

さらに連絡を無視したり新たな入金日の約束を破ったりすると、自宅に督促状が届きます。職場に電話がかかってくる可能性も増すでしょう。最悪の場合は、裁判を起こされて給与差し押さえという事態に発展するため、返済忘れには要注意です。

10万円ならクレジットカードのキャッシング枠からの借入もおすすめ!

クレジットカードのキャッシング枠も即日できる?

多くのクレジットカードでは、カードを申し込む時にキャッシング枠を付けるかどうかを選べます。申込みフォームへの入力や本人確認手続きなど、消費者金融と同じように手続きが進みます。

ナンバーレスタイプのように即日発行に対応したクレジットカードなら、キャッシングも申し込んだその日から利用可能です。ただし、仮カードの発行を受けた場合は、本カード到着までキャッシングを利用できないので注意しましょう。

カード申込時にキャッシング枠を付けなかった場合は、Webや電話でキャッシングの追加申し込みが可能です。必要書類の確認が伴うため審査に数日かかるケースが多いですが、即日のキャッシング枠追加に対応するクレジットカード会社もあります。

キャッシングの利用方法

キャッシングは基本的に1万円単位での融資ですが、千円単位のキャッシングに対応するカード会社もあります。コンビニATMや提携金融機関のATMでお金を借りる場合は、次のような流れでATMの操作を進めます

  1. ATM画面の「クレジットカード」ボタンを押す
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 借りたい金額を入力する
  5. 「キャッシング(一括払い)」または「カードローン(分割払い)」ボタンを押す
  6. 現金を受け取る

クレジットカード契約者本人の口座への振込融資も可能です。会員専用ページで振込先の口座を登録するなど簡単な手続きで、早ければ当日にお金が振り込まれます。

クレジットカードのキャッシングのメリット

クレジットカードの新規発行では在籍確認を省略するケースもあるため、職場に知られずに即日融資を受けられる可能性があるのがメリットです。

自宅にカードが届き、キャッシング枠の存在を知られたとしても、キャンペーンで枠を付けた等の言い訳もできるでしょう。消費者金融と同様に少額の融資が前提で、担保・保証人も求められません。 キャッシングもリボ払いに対応しているため、借入残高に応じたペースで無理なく返済できます。

クレジットカードのキャッシングのデメリット

クレジットカードのキャッシング利用は、消費者金融と比べて心理的な抵抗が少ないと言われています。しかし金利は消費者金融と同じくらい高いので必要最小限の利用に留めておくことが大切です。

キャッシング枠が総利用可能枠の中に組み込まれている関係で、ショッピング枠の利用状況によっては希望額を借りられないこともあります。反対にキャッシングの利用が多すぎてショッピング枠が減ってしまい、公共料金や携帯電話料金の決済に影響が出る場合もあるため要注意です。

またクレジットカードを持っていない場合は、申し込みからカードの受け取りまで最低でも1週間~10日前後かかることが多いです。そのため急いでお金を借りたい場面に対応できない可能性があります。

クレジットカードキャッシング枠利用時の返済

クレジットカードでキャッシングを利用した後は、一括払いまたはリボ払いで返済していくことになります。一括払いでキャッシングを利用した後、一定の期間内ならリボ払いに変更できるカード会社が多いです。

一括払いで返済する場合は、借りたお金に加えて発生した利息を支払います。返済した後は早ければ当日、遅くても4~5日後にはキャッシング枠が復活します。必要最小限の利用に留め、なおかつ借金を長期化させない点では一括払いがおすすめです。

リボ払いで返済する場合は、借入残高に応じて決められた金額を完済まで毎月支払います。

借入残高が減ることで月々の返済額が減る場合がありますが、返済期間が長くなると支払う利息も多くなるため注意が必要です。完済時期を早めるには、月々の支払額が高いコースをおすすめします。

お金に余裕がある月に増額返済するのも、健全にキャッシングを利用するには効果的でしょう。

銀行カードローンは金利が低いが審査に時間がかかる!

銀行カードローンは即日借り入れることができない

銀行カードローンの審査は、2営業日以上かけて行う仕組みが定着しています。反社会的勢力への融資を防ぐために、本審査で警察庁データベースへの問い合わせを行なうようになったからです。

問い合わせ結果の回答が早くても翌営業日になる関係で、即日融資ができなくなりました。

申込んだ人の返済能力を本審査の中で慎重に確認するようになったことも、銀行カードローンの即日融資が難しくなった一つの原因です。

銀行カードローンで多重債務を抱える人が続出したため、保証会社の審査結果だけでなく銀行口座の取引状況などさまざまな項目をチェックして、融資可否を判断しています。

審査について解説します!

銀行カードローンでは消費者金融より低い金利で融資を行うため、厳しい基準で審査が行われます。

個人信用情報を参照した上で他社の借入残高・返済状況を調査するのは消費者金融と共通ですが、銀行カードローンでは年収や勤続年数といった返済の安定性を慎重に見極める傾向です。

限度額の設定にあたっては、標準的な生活費・他社への返済額とのバランスも考慮されています。加えて本審査では、直近10年分の破産歴・個人再生歴の有無を、全国銀行個人信用情報センターの官報情報で確認しています。

そのため希望限度額を少なめにしておけば、返済の負担が重くなりすぎないと判断される可能性があります。反面、過去にクレジットカードやローンの支払が遅れた経緯があると審査では不利になるでしょう。

気になる金利は?

銀行カードローンで10万円を借りた場合の金利は年14%台が主流ですが、消費者金融では年17.8%~年18.0%が相場で、2割前後の金利差があります。

金利差の理由と考えられるのが、貸し出す現金の調達方法の違いです。消費者金融では貸し出す現金を金融機関などに金利を払って調達するのに対し、銀行カードローンでは預金で得た現金を貸し出しに回しています。

現金を調達する費用がかかっていないため、低金利を実現できるという見方もできるでしょう。

無職でも10万円借りられる?

公的融資制度の緊急小口資金とは

都道府県の社会福祉協議会では、所得が低く日常生活に困っている世帯を対象に生活福祉資金の貸し付けを行っています。厚生労働省が定める公的な融資制度で基本的には無利子、資金ごとに定められた年数で返済する仕組みです

  1. 総合支援資金(日常生活を立て直すための資金)
  2. 福祉費(日常生活を送る上での一時的な経費、障害者・高齢者世帯も対象)
  3. 教育支援資金(高校や専門学校・短大・大学への進学に必要な資金)

公的な給付を受けるまでの生活費が足りない場合や、転職などで一時的に収入が減った場合には、自立相談支援機関からの相談支援を受けることを条件に、緊急小口資金も申請できます。

緊急小口資金は利用できるのか

緊急小口資金は、一時的に生計の維持が困難になった場合に最高10万円まで貸し付けを受けられる制度です。緊急小口資金の貸付対象になるケースを、いくつか紹介します。

  1. 転職や一時的な休職で収入が減った
  2. 医療費の支払などで臨時の生活費が必要になった
  3. 滞納していた税金や国民健康保険料・国民年金保険料を支払った結果、生活費が足りなくなった
  4. 滞納した家賃を支払わなければならない
  5. 給料を落としたために生活費が必要になった
  6. など

生活に困っていたとしても、今後の収入の見通しが立たない場合には貸し付けを受けられません。貸し付けを受けたお金は他の債務の返済に充てられない点にも注意が必要です。

緊急小口資金の返済方法

緊急小口資金を借りた後は、2ヶ月以内の据置期間が経過してから12ヶ月以内で返済(償還)していきます。基本的に口座振替となりますが保証人を立てる必要はなく、期限までに完済できれば利息はかかりません。

完済までの間は、住んでいる地域の民生委員や社会福祉協議会から、生活などに関するさまざまな相談支援を受けられます。

まとめ

10万円を借りる方法をいくつか紹介しましたが「今すぐ10万円が必要」という人には即日融資が可能な消費者金融がおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠は、カードがある人ならすぐにお金を借りられますが、カードの利用状況によっては現金を借りられない可能性があります。新規にカードを申し込んでも、実際にお金を借りるまでに数日かかるケースが多いです。

銀行カードローンは低金利が魅力な反面、お金を借りられるのが最短でも翌営業日になってしまいます。

国の緊急小口資金も活用できますが、使い道に制約がある点に注意が必要でしょう。

あらかじめ返済計画を立てるなど、正しく消費者金融を利用すれば安全に、そして健全にお金を活用できるでしょう。

関連記事

1・3・5万円借りたい!少額のキャッシングで審査に通過する方法

キャッシングする時は必ずしも数十万円の高額が必要なわけではありません。1・3・5万円程度の少額で十分な…