キャッシング初心者向け|はじめてでもわかる仕組みと審査

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

お金を借りる前に知るキャッシングの仕組み

はじめてキャッシングを利用する方でもわかりやすくお金を借りることができるよう、お金を借りる前にキャッシングの仕組みについてしっかり理解しておくことが大切です。キャッシングを利用するためにはまずその会社の審査を受け、キャッシング審査を通過し、お金を借りられるよう準備をしなければなりません。

利息制限法と金利の関係

はじめてキャッシングを利用する方におすすめなのが上限金利の比較を行うことです。はじめてキャッシングをする方の多くは、いきなり最大融資額の大きなお金を借り入れようとすることはほとんどありません。少額でのキャッシングを目的に利用申し込みを行うことになるでしょう。

しかし利息制限法により10万円未満の少額融資ならば年利20%まで、100万円未満の場合は18%までキャッシング会社側は設定することが可能です。この法律では借入額が大きくなれば年率も下がっていきますが、少額での借り入れでは年率は高くなるということを定めたものといえます。そのためはじめてキャッシングをする方は高い年率の中でも、少しでも金利を低く借りることのできるキャッシング会社を選択しなければならないのです。

返済について

お金を借りるということは返済義務も当然発生します。返済を怠った場合には遅延損害金が発生し、通常の返済額に加えてお金を支払わなければならないことになります。また返済のために家族や仕事の同僚に迷惑をかけてしまうことになります。借りる際は自己責任でしっかり返済することを意識しなければなりません。

スコアリングシステム

実際にキャッシングに申し込む際はネットで好きな時間に、自分の条件にあう会社で申し込みを行うのが良いでしょう。申し込み自体はサイト上の手順に従うだけで簡単に行うことができますが、重要なのは審査です。キャッシング申し込みにおいてはスコアリングシステムという与信審査を行なっており、申込者の年齢や性別、勤務先や年収、取引実績などそれぞれのカテゴリーごとにスコアをつけ、高いスコアであれば審査を通過することができるものとなっています。

はじめてキャッシングを利用するのであれば取引実績などは皆無となるのでスコアは低くなりますが、与信枠残高の項目が高くなります。すなわちはじめてだから簡単にお金が借りられるわけではなく、かといって絶対に借りることができないかといえばそうではないというのが結論です。一番借りやすいのは取引実績が長く、また返済が滞らず、安定したキャッシングを行なっている顧客となります。

キャッシング申し込み時は本人確認書類が必要になります。所得証明書は少額キャッシングでは不要なので安心してください。

関連記事

1・3・5万円借りたい!少額のキャッシングで審査に通過する方法

キャッシングする時は必ずしも数十万円の高額が必要なわけではありません。1・3・5万円程度の少額で十分な…