ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする

パチンコで勝ったお金に税金はかかる?確定申告の必要はある?

昨年度、パチンコはトータルでかなりの黒字を出すことができました。
ところでパチンコで勝ったお金に税金はかかるのでしょうか?

パチンコによる儲けを確定申告しないと何か罰則が科せられるのでしょうか?ここでは普段考えたこともなかったパチンコ税金の確定申告やパチンコ店やパチンコ業界に関する税金について紹介していきます。

Large addiction bet betting casino

パチンコで勝ったら確定申告の必要がある!

その通りです。
厳密には、パチンコで勝ったら確定申告をしなければならないのです。

パチンコで稼ぐ金に違法性があるかどうかは問題ではなく、定められた控除額を差し引いた収入が一定の額を超えると確定申告する必要性が生まれ、納税義務が生ずるのです。

確定申告を怠れば脱税?

極端な話をすれば、確定申告の義務があることを知っていながらそれを怠れば、脱税ということにもなりかねません。

しかしパチンコによる勝ち負けをきちんと帳簿に記載して、記録を残している人はごくわずかです。

したがって納税に関する公的機関もパチンコからの収入を正確に把握することは、ほとんど不可能です。
確定申告を怠れば脱税という話はあくまで原則論であり、現実性がないのです。

パチンコはギャンブルではない?

また、日本でパチンコはギャンブルとして認められていませんので、パチンコ店で多少遊んだだけで納税義務が発生するとは考えにくいです。

つまりパチンコで勝ったから税金を払うのではなく、パチンコで得た一時所得に対して税金がかかると考えられるのです。

<下に続く>

パチンコで勝ったお金に税金がかかるのはいくらから?

税務調査

パチンコで得た一時所得が、いくらになったら税金がかかるのかは明確です。

一般人のパチンコ所得

一般人、つまりパチンコを職業としない人がパチンコで得た収入は、雑所得または一時所得として扱われます。

通常、パチンコ以外の雑所得は年間20万円を超えた時点で、課税対象となります。

パチンコで生計を立てる人の課税対象額

一方パチンコで生計を立てているパチプロやパチンコで一定期間生計を立てている一般人への課税は少し異なります。

この場合はパチンコによる所得から基礎控除額を引いた所得に対して課税されるのです。

基礎控除の金額は最高50万円ですから、パチンコによる所得が38万円以下であれば税金はかからないということになります。

一般人のパチンコ収入への課税方法

所得としてのパチンコの勝ち分は20万円を超えるとパチンコ以外の一時所得を合計し、この数字から「経費+最高50万円の控除額」を引いた金額を2で割った金額がプラスになれば課税されることになります。

<下に続く>

パチンコ台に投入したお金は経費として計上できる?税金対策は?

パチンコは勝つこともあれば負けることもあります。
負けた時にパチンコ台に突っ込んだお金は、経費として税金の計算に含まれるのでしょうか?

パチンコにつぎ込んだ負け分は、経費として計上できるか?

パチンコ台に使ったお金は経費として計上できるのか否かは、線引きが曖昧ですから何とも言えないところです。

またパチンコは収支を明らかにすることが困難なために、実際問題として確定申告をするのが難しい一時所得です。

しかし雑誌などで知られるパチンコのプロは、ちゃんと確定申告をしています。

パチンコの税金対策

既述したようにパチンコは確定申告などで所得の申告する形式となるので、税務署は税金に関してはほとんど調査ができていないのが現状です。

したがって、パチンコの勝ち分に対する課税はほとんど行われていません。
税金対策について考える必要性は今のところないのです。

ごく一握りのメディアで活躍するパチプロの所得に課せられる税は、その雑誌に載せる原稿料や映画やドラマにプロとしての助言をする謝礼に対して課せられますから、その節税については小説家などの物書きや芸能人と一緒です。

<下に続く>

パチンコに勝ったのに確定申告しないとどうなる?バレる?

ある時期、相当程度の所得がパチンコによってありながら申告しないということであれば、税法上は追徴課税の対象になるのでしょう。

しかし繰り返し述べますが、パチンコによる収益は負けた分を経費として考えると非常に計算が困難で、税務署がとても捕捉できるものではありません。

ですからパチンコによる所得がバレる心配も限りなくゼロに近く、かりにバレて追徴課税をかけるにしても、税務署はその調査が煩雑な割に得るものが少ないですから、そんなところに手間をかけるとは思えません。

<下に続く>

パチンコはギャンブルではないから税金はかからない?三点方式とは何?

「パチンコは競馬や競輪などの公営ギャンブルと違い、三点方式を組み込んでいるからギャンブルには該当しない」、したがって税金はかからないという議論があります。

パチンコは風俗営業法第23条で、「現金または有価証券を賞品として提供」することを罰則付きで禁じています。

そこでパチンコ業界は、お客の出玉を特殊景品というボールペンやライターの石と交換させ、それをお客が交換所に持ち込んで現金化するという方法をとるようになりました。

これが三点方式と言われるパチンコの出玉を現金化するシステムなのです。

<下に続く>

【コラム】パチンコ税が出来る日が来るかも・・・

自民党が内々に検討しているのがパチンコ税です。
これはパチンコやパチスロの換金時(勝ち玉を三点方式で現金化するとき)に税金をかけるというものです。

税率1%で2000憶円の税収が見込めると考えられ、法人税の実効税率の引き下げの代替えになるのではないかと言われています。

<下に続く>

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブルには、以下の6つがあります。

公営ギャンブル

  1. 競馬
  2. 競輪
  3. 競艇
  4. オートレース
  5. オンライン・カジノ
  6. 海外カジノ

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル①:競馬

英国を発祥の地とする近代競馬は世界で愛されるギャンブルの一つです。
競馬で勝ち、規定以上の金額が所得としてあった場合は確定申告をしなければなりません。

万が一これを怠り、脱税が見つかると追徴課税が発生し、場合によっては稼いだ額をすべて持っていかれる可能性もあります。

競馬の所得計算は年間のトータル?

競馬による所得の計算はひとレースひとレースではなく、年間を通じて算出されることになります。

経費となる馬券の購入に充てた費用ですが、賞金を獲得したレースの馬券のみが対象となり、他のレースの馬券は経費として計上することはできません。

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル②:競輪

競輪による当たり車券の払い戻しによる所得は、やはり一時所得と考えられます。
あまりに大きく勝って、確定申告をしなければ税務調査は免れません。

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル③:競艇

競艇による払戻金も競馬同様に1年間のスパンで考えられます。
つまり年間払い戻しを受けた金額の合計から、その払い戻しの券の購入に使った経費を引きます。

残った金額(収益)から50万円の特別控除を引き、さらに2で除した金額が20万円を超えていれば、確定申告(納税)をしなければなりません。

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル④:オートレース

基本的に競馬、競輪、競艇、オートレースなどのいわゆる公共ギャンブルは、確定申告に関してはみなほぼ同じで、年間の勝ち分は一時所得として扱われ、上記の一定の計算式にしたがって税金が算出されます。

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル⑤:オンライン・カジノ

オンライン・カジノの勝ち分も競馬、競輪などの公営ギャンブルと同じく一時所得として見なされ課税対象となりますが、競輪や競馬とは少し違った側面を持っています。

それは、オンラインカジノの所得はかなりの確率で当局にバレてしまうという点です。
パチンコや競馬は出玉や払戻金を現金で受け取るために証拠や記録が残りにくいといえます。

金銭の流れの記録が残るオンライン・カジノ

これに対してオンラインカジノの勝ち分の決済は銀行振り込みや小切手などで行われます。
このために金融機関にお金の流れが記録として残ってしまうわけです。

結果、公営ギャンブルやパチンコと異なり、税務当局が実態を把握しやすくなって取り締まりが厳しくなってしまうのです。

パチンコ以外の確定申告の必要なギャンブル⑥:海外カジノ

カジノでルーレット

アメリカなどでは州によっても異なりますが、アメリカでの確定申告を免除するために勝ち分から税金分が差し引かれる場合があります。

そして税金を既に州政府に納めたという証書が手渡され、出国時にキャッシュを1万ドル以上持っていても問題なく出国できます。

問題はアメリカですでに納税しているカジノの勝ち分に居住国がさらに税金をかけるかどうかという点です。

国によって異なりますが、日本はさらに税金をかけます。
ですから海外のカジノで勝ったお金は日本では確定申告をして納税する必要があるのです。

<下に続く>

パチンコで勝ったお金に税金はかかる?確定申告の必要はある?のまとめ

競馬や競輪などである程度の金額の払戻金があった場合には確定申告と納税は避けられないという話は皆さんも知っていたと思います。

しかしパチンコやパチスロでも厳密に言えば、確定申告の義務が生ずることを知っていた方は少ないのではないでしょうか?

パチンコは収支の記録も残らないので、税金を計算することは非常に困難であり、税務当局がそれを追いかけることも不可能であると言わざるを得ません。

ですから現実的には、一般人が遊び程度で行うパチンコの確定申告は必要ないと言って差し支えないでしょう。

それでもパチンコにも確定申告(納税)が必要であることは知っておくべきことではないでしょうか?

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事