ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする
2018/05/01

Twitterの裏垢とは?ツイッターの裏垢を作る心理・やってはいけない事!

Large freestocks org 72172 unsplash

スマートフォンを持っている10代〜30代の方ならば、誰もが何かしらのSNSをやっていてもおかしくない時代になりました。SNSも時代と共に進化しており、Twitter、instagramを主流として様々なものがうまれています。

そんなSNS全盛期と言える昨今ですが、そこから発生する犯罪も多く、使い方によっては危険な目にあってしまう可能性も十分に秘めています。特に10代の方は気をつけなければなりません。

そこで今回はTwitterの裏アカウント。通称 裏垢について解説していきたいと思います。なぜ裏垢が誕生したのか。そして、裏アカウントの必要性など、独自に発展していったTwitterの文化を深く解説していきたいと思います。

Twitterの裏垢とは

Twitterまとめ

早速ですが裏垢とは、メインで使用しているアカウントとは別のアカウントを持つことを言います。また単純に複数アカウントを持っていて、その全てを裏垢とも言うことができます。つまりアカウントを使い分けていると言うことです。

複数のアカウントを器用に使い分けることで、各アカウントで表現したい自分を特定の相手に対してのみ発信することが可能で、オープンソースなSNSの世界で見られたくないものや見られたくない人を選別することができます。

<下に続く>

Twitterの裏垢を作る目的

裏アカウントを作る大きな目的としては、同じアカウントでいろいろなことを呟きたくないと言うのが一番ではないでしょうか。例えば学校の友人にアイドルが好きなことをバレたくない、でも呟きもしたい。

そんな時にはアイドルの呟きの専用アカウントを作成して、アイドル好きの仲間内だけで楽しむことによって、呟きたいと欲望を満たしつつも、知られたくない人には知られずに済みます。自分自身の使い分けとも言えます。

このように裏アカウントを持っている方は自分の表現の使い分けを行なっているので、一概に悪いことではないと言えます。しかし、隠れて過激なつぶやきなどをしていることもあります。目を光らせなければならない場面も多いと言えます。

<下に続く>

一人当たりどれくらいTwitterの裏垢を持っている?

裏垢の目的

Twitterの裏アカウントを持っている人は珍しくはありません。学生の方は裏アカウントがない方が珍しいと言えるのではないでしょうか。人によっては5個以上のアカウントを器用に使いまわしている方もいます。

また自分のメインのアカウントを汚したくはないけど、情報収集がしたいのでそういったニュースアカウントをフォローしてリスト化するためにアカウントを使い分けているなんて方もいらっしゃることでしょう。

ですので、使い方がどうあれど1人複数のアカウントを持っていることは珍しいことではありません。オープンな世界だからこそ、アカウントを分けてしっかりと危機管理を行いといと思う人も多いですので、管理できる量であれば良いかと思われます。

<下に続く>

Twitterの裏垢を必要とする心理

Twitterの裏アカウントはどうして必要なのか。その必要とする心理に迫っていきたいと思います。どう言う心理で利用しているかを知ることで裏垢持ちの方の理解を得ることができます。

心理① 周りに知られたくないものがある。

学校の友人や家族などの近い距離の人がメインのアカウントをフォローしてくれていると言う方も多いはずです。しかし、そういったアカウントで日頃の愚痴などを呟いてしまうと、関係性の悪化に繋がる可能性もあります。

そういったことを避けるために別アカウントを使って、鍵をかけて発信することで一種のストレス発散に使っているケースも多いです。これは非常に日本人らしい配慮と言いますか、現代人っぽいとも言えます。

このように周りには知られたくないようなことを呟きたいときは裏アカウントなどを使って呟くと言うのも1つの手と言えます。

心理② プライベートと仕事の使い分け。

プライベートと仕事として使い分けている方もいるでしょう。昨今は仕事でもLINEが使われているように仕事つながりでTwitterをフォローするなんてことも珍しいことではありません。しかし、プライベートは管理したい。

そんな時は気軽にアカウントが作成できるTwitterですので、アカウントを使い分けてしっかりとプライベートの場をキープすると言うことも必要と言えます。そういった方は複数の裏垢を持っていることが多いです。

このように裏垢といっても悪いイメージだけのものばかりでなく、オンオフをしっかりと切り替えるために使うこともできると言えます。

心理③ 自分自身の使い分け

今の時代は自分のキャラクターを使い分けるといった器用なことのできる若い人も多いです。真面目な自分、アイドルが好きな自分、ゲームが好きな自分、それぞれをめいいっぱい楽しむ為に使い分けている人も多いはず。

ですから、真面目なアカウントでアイドルのことをつぶやけず、裏垢を使うことによって思う存分呟くことが可能になります。このように自分の表現を制限しない為にも裏アカウントを利用していると言う方も多いですよね。

特に最近は地下アイドルも増え、実はこっそりとアイドル活動をしているなんて女性も珍しくはありません。そんな方はアカウントを使い分けるのが絶対とも言えます。その為にも裏垢は絶対に必要と言えます。

心理④ 純粋にツイートだけを読みたい

リアルな友達とは絡まずに必要な情報を発信しているアカウントだけをフォローしているアカウントを作ることで効率的にみたい呟きを見ることができると言う人も多くいます。これも頭がいい使い方ですよね。

友人のツイートでリストが流れてしまうとチェックする方も大変億劫になってしまいます。そういったことを防ぐ為に裏垢を作って欲しい情報だけを手に入れている人も少なくはありません。精査しているといっていいでしょう。

<下に続く>

Twitterの裏垢のメリット

ここでは裏垢を作るメリットを考えていきます。
実際に裏垢を作ることでどんなメリットが得られるのか、それを知ると裏垢についての印象が変えられるかもしれません。

メリット① 限定のコミュニティが作れる

裏垢を作ることによって、メインアカウントとは違ったコミュニティを作り上げることができます。これはプライベートのみならず、ビジネスでも役立つ手法といえターゲットを絞って呟くことができます。

ですので、知られたくない人には知らせない、教えたくない人には教えないといった使い分けが明確にできますので、呟きによる予想外のトラブルを未然に防ぐことも可能です。このように裏垢も使い方次第ではとても有意義なものになります。

また鍵をつけることによって希少性をあげることも可能なので、使い方によってはかなり幅が広がると考えられます。単純に裏垢=悪いことをしていると言うようなことを思わないようにしましょう。

メリット② 不本意なトラブルを防げる

例えば普段使っているフォロワーの多いアカウントで、含みを持たせた言い方をしてしまうとそれを気にした人から思わぬ形で批判を受けてしまい炎上してしまうなんていうことは一般の方の場合でも考えられます。

そういった不本意な炎上を防ぐためにも裏アカウントを1つ持っておくことは大切なことであり、メリットの一つとして考えられるのではないでしょうか。わざわざそのアカウントで呟かなくてもと言うことは端から見ててもあったりします。

そういった思わぬトラブルを防ぐためにも、TPOを考えて呟かなければいけない時代にもなってきました。以前はネットは無法地帯なイメージもありましたが、それは昔の話。その感覚で呟くと痛い目を見てしまいます。

メリット③ ファイルのストレージとして使う

これは裏垢の裏技的な使い方になりますが、とても便利な使い方なのでぜひ覚えて欲しい使い方と言えます。

それはTwitterを無限サーバーと捉えて、画像やファイルをアップロードしておくようにアカウントをつくるということです。鍵垢にすれば見られる問題もありません。

スマホの画像も保存しすぎると容量を消費してしまいますからそういったものを避けたい方はTwitterにアップして管理するといったこともできます。そうすればアカウントを消さない限り、いつでもダウンロードできますよね。

こういった事務的な使い方もできるのが裏アカウントのメリットとも言えるのではないでしょうか。

<下に続く>

Twitterの裏垢が危険な理由

ここではメリットもある裏垢ですが、使い方を間違えてしまうと危険な目にあってしまう可能性もありますので、その危険性について考えていきます。

理由① 管理が行き届かない。

隠れて裏垢をやっている方はリアルの付き合いとは別の特別なコミュニティを持っている事も多く、そこでどんなやり取りをしているかは実際に付き合っている人間には管理ができなかったりします。

そうすると思わぬ事件に巻き込まれたりしてしまう恐れもあり、非常に注意が必要です。よくSNS絡みのニュースはこう言った裏垢が火種となっているなんて事も珍しいことではありません。

自己管理がしっかりできれば問題はありませんが、そう言ったことに疎い若い方に多い危険性と言えます。

理由② アカウント停止の危険性

複数のアカウントを持って無茶なことをやっているとアカウント停止を喰らってしまうことも少なくありません。運営側から目をつけられることになり、自由にTwitterを楽しめなくなってしまうので注意が必要です。

またBOT的なアカウントを持つことも禁止されています。BOTを作る理由は人それぞれかもしれませんが、下手なことをしてしまうとこれもアカウント停止の原因になってしまうのでとても注意が必要です。

理由③ 依存性が高い

裏垢を作っている人の傾向として、自己承認欲求が強い人が多いと言えます。普段の自分をなかなか認めてもらえず、SNSで作り上げた理想の自分を特定の範囲にアピールすることでその欲を満たします。

悪いことではないのですが、その世界に依存しすぎてしまうと現実世界とのバランスが保てなくなり、リアルが崩壊してしまう可能性も最悪考えられると言えます。そうならないように管理したいですがそれも難しいところ。

鍵付きのアカウントを作られてしまえばフォローしなければ見られませんから、なかなか未然に防ぐのは難しいと言えます。

SNS依存症の人の心理や特徴!原因や問題点、克服法!SNS依存症とは? 今や日常生活で欠かせない存在となったSNS。便利な反面、注意しないとSNS...

理由④ 暴言などの癖がつく

裏垢を使っている人の中では日頃言えないような言葉を言うために作ったと言う方もいると思います。最初はしっかりアカウントで使い分けられていたつもりでも、プライベートとSNSで使っている言葉が同化していく可能性もあります。

そうなってくるとリアルな友人関係の亀裂の原因となってしまったり、よりエスカレートしてしまう原因にもなりかねません。環境がどうあれ暴言などの誹謗中傷表現は避けたほうがいいでしょう。

<下に続く>

Twitterの裏垢でやってはいけないこと

Twitterの裏垢を持つ際に絶対にやってはいけないことを5つご紹介していきたいと思います。裏垢だからと気が大きくなってしまっては大きな問題に発展することもありますから非常に注意が必要です。

やってはいけないこと① 暴言を吐く

これは裏垢に限ったことではありませんが、表のアカウントでは言えないような暴言を裏垢で吐いてストレス発散している方も多いと思われます。誰も見ていないからと言う理由で吐いている方もいるとは思いますがやってはいけません。

いずれそう言う場がないといけないと言う依存症に陥り、落ち着かなくなってしまいます。また普段の生活でもふと裏垢の自分が出てきてしまうこともありますから、裏垢だからと暴言を吐くのはやめましょう。

暴言を吐く人の心理や特徴、対処法!暴言を吐くのは病気?あなたの周りには、感情的になりやすく、すぐに暴言を吐いてしまう威圧的な人はいませんか?暴言を吐...

やってはいけないこと② 誹謗中傷を言う。

SNSからの炎上問題の大半の原因はこういったところにあります。SNSだからと言って周りの人間を傷つけないと考えていたら大間違いです。ネットの世界だからこそ誰かが必ず見ていると考えるのが正解です。

芸能界のご意見番の方がやっていることも真似して、厳しい言葉を投げかけていてはリアルの関係が崩れてしまうような原因にもなりかねません。あまり普段の自分と異なるような発言は避けたほうがいいと言えるでしょう。

やってはいけないこと③ 複数のアカウントを持ちすぎる

これも裏垢を持つ上でやらないことがいい方のうちの一つです。裏垢を5個といったように持ちすぎると別のアカウントで間違ってTweetしてしまったなんてことが起こりやすくなります。そういったところから問題も発生し得ます。

しっかりと管理できているのならばいいのかもしれませんが、なかなか上手くは管理できる人はいません。特に学生などの若い方にやりがちなミスで、別垢で呟くべきことをメインで呟いてしまったりしています。

やってはいけないこと④ 鍵をつける

鍵をつけた裏垢を持ってる方は要注意と言えます。絶対に他の方に知られたくないやましい事があると言う事が確定しているので、鍵付きの裏垢と言うのはやらないほうが良いでしょう。結果目立ってしまいます。

しかし、フォローを承認されないと内容が確認できないと言うネックな部分があります。鍵付きの裏垢がバレても中身まではバレる事がありませんが、周りの心象は一気に落ちてしまうので注意と覚悟は必要です。

やってはいけないこと⑤ BOTを作る

裏垢を作る理由としてBOTを作っている方もいらっしゃると思います。しかし、BOTは削除対象となり、Twitter側からは推奨されていることではありません。BOTを作るのもやめたことのいいことの1つでしょう。

基本的にTwitterで収入を発生させようだとか、直接的なツールとして使うと言うのはNGな行為です。アカウントの永久凍結にも繋がってきますのでやらないでください。

<下に続く>

Twitterの裏垢とは?ツイッターの裏垢を作る心理・やってはいけない事!のまとめ

Twitterの裏垢について、様々な観点から解説していきましたが、いかがでしたでしょうか。上手く使うことが出来ればとても便利な裏垢ですが、一歩間違えてしまうと危険性も高まる可能性があります。

SNSは自己管理ができてナンボのものですから、自己管理をしっかり行っていきましょう。またネット上では様々な情報が飛び交っています。真意のわからないものもたくさんあるので、全てに反応しないのが吉と言えます。

しかし、ルールを守った上で使うことが出来ればSNSと言うのは非常に便利なツールです。最新の情報もすぐ手に入りますし、情報検索など多彩な機能面を持っています。SNSとうまく付き合っていきましょう。

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事