ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする
2018/02/07

メルカリの招待コードはメリットが多い!確認方法と入力の仕方

Large rawpixel com 415585  1

フリマアプリ「メルカリ」をお得に使いたい方は、招待コードを使うのがおすすめです。

この記事では招待コードを使うメリットや招待コードの確認方法、入力方法、人数制限、違反について詳しく紹介します。招待コードの情報を知って、お得にメルカリを使いましょう。

メルカリの招待コードを使おう!

人気フリマアプリのメルカリには、知り合いや友達を招待するとポイントがゲットできる、招待コードがあります。

メルカリに未入会の人は、すでにメルカリに登録している会員の知人に教えてもらった招待コードを入会の際に入力すと、ポイントがゲットできます。

また、入会する人も、招待コードを教えた人もポイントがもらえます

つまり、入会する際に1回、入会後は、自分の招待コードを使って入会した人数分だけポイントがゲットできるのです。

1回ずつだと、面倒と感じる人も多いと思いますが、何度でもポイントがゲットできるなら、やるのとやらないのとでは大きな差が出るので、招待コードを使うことをおすすめします。

<下に続く>

メルカリの招待コードのメリット

null

ポイントがもらえる

メルカリの招待コードのメリットは、ズバリ、ポイントがゲットできる点です。ただし、以前は入会する側も、招待コードを教えた側も、どちらも300ポイントゲットできるという仕組みでしたが、2017年3月頃から、くじ引きでポイントがもらえる制度に変更になっています。

招待コードを入力して入会すると、招待側にも招待された側にも、くじ引き券が1枚付与されます。このくじ引きの結果でポイントが加算されます。

招待コードを送った側は、新規入会者がくじを引かなくても、また、買い物をしなくても、くじをゲットできます。

もらえるポイント数は?

くじ引きでもらえるポイント数は、50ポイント、100ポイント、300ポイント、1000ポイント、10000ポイントの5種類です。以前は一律300ポイントだったことと比べると、高いポイントがゲットできる可能性があるので、夢は広がりました。

しかし、10000ポイントもらえることはかなり珍しく、多くの人が50円しかもらえないのが現状なので、以前の300ポイント付与の方がよかったという声が多いです。

しかし、10000ポイントが当たった人は、実際に存在します。ただし、1000回ほどくじを引いて、1〜6回ほど当たるという意見が多いので、かなりの回数くじを引かなければ、10000ポイントゲットは難しいです。

メルカリ公式は、くじの当選確率を公開していません。しかし、たくさん引いて検証した方たちの意見をまとめると、50ポイントが約80%、100ポイントが約10%、300ポイントが2〜3%、1000ポイントが1〜3%、10000ポイントは1%以下の確率で当たるというのが現状です。

1ポイント=1円

メルカリでは、1ポイント=1円に換算されます。つまり、招待コードのくじ引きで50〜10000円分がお得にゲットできるということです。

一般的な通販サイトでは、50円程度では買い物はできません。しかし、メルカリはフリマアプリなので、出品されている商品の値段が比較的低いです。そのため、50円でもかなりお得に買い物ができると言えます。

もちろん50円以上の買い物にポイントを充当することもでき、50円分はポイント、残りは現金で支払えるので、好きな時にポイントを使いましょう。

ただし、注意点があります。招待コードを使ってもらったポイントは貯めておいて、後から使うことももちろん可能です。しかしこのポイントには、有効期限があります。

招待コードでもらったポイントの有効期限は180日間なので、なるべく早めに使い切るのがおすすめです。

<下に続く>

メルカリの招待コードは人数制限なし!

null

メルカリの招待コードには人数制限がありません。つまり、紹介すれば何度でもポイントをもらえるということです。

1度ずつしかもらえない場合は、トータルで最低100ポイントしかお得になりませんが、人数制限がなければ、いくらでもポイントがもらえます。

招待コードをたくさんの人に使ってもらえれば、現金がなくてもメルカリで好きなだけ買い物ができるようになる可能性もあります。

ただし、入会の際は、そのときに招待コードを入力する必要があります。後から入力してもポイントはもらえないので、入会前に招待コードを教えてもらえそうな人を探しておきましょう。

<下に続く>

メルカリの招待コードは誰に送ってもいい!

メルカリの招待コードは知らない人に送っても違反にはなりません。友人同士で招待コードを教え合っても、教えられる人数は限られてくるので、ブログやSNSなどを使って自分の招待コードを広める方法をとっている人もいます。

ブログやSNSに自分の招待コードを貼っておけば、それを見た人が招待コードを入力してメルカリに入会してくれます。そうすれば、こちらは特に何もしなくても、50ポイント以上が手に入るので、大変お得です。

つまり、逆に、招待コードが貼られている記事や掲示板を探して入力すれば、招待コードを教えてくれる人がいなくてポイントをもらうことができるということです。

招待コードを教えた側も、使った側も、個人情報が漏れることはないので、知らない人の招待コードを使っても心配はいりません。

<下に続く>

メルカリの招待コードが使われると通知が届く

知人に招待コードを教え、その場で入会してもらえれば、くじ引き券をゲットしたことが自分でもわかります。

しかし、後日入会された、SNSやブログ経由で招待コードを入手して入会された場合には、いつくじ引き券が付与されるかわかりません。

そのため、自分の招待コードを使って入会が行われた場合には、それがわかる通知が届きます。

いつくじ引き券が付与されるか気にしながら何度もアプリを見る必要がないので、便利です。

<下に続く>

メルカリの招待コードの確認方法

メルカリはパソコンからも出品、購入できますが、招待コードが取得できるのはアプリ版のみです。招待コードを確認する前に、必ずアプリをダウンロードしてください。

アプリを起動してログインしたら、画面の左上にある3本線のマークをタップします。ニュースやいいね一覧などの項目があり、一番下に「招待してポイントGET」の項目があります。

ここをタップすると、自分の招待コードが表示されます。1度招待コードが表示されたら、その招待コードが変更されることはありません。

また、招待コードは大文字、小文字の区別があるので、人に教えるときには注意しましょう。

<下に続く>

メルカリの招待コードの拡散の方法

招待コードは誰に教えてもいいので、ブログやSNSで拡散してもいいと前述しました。

招待コードを確認する際に、招待コードの下に、「シェアする」のボタンがあるので、これをタップしましょう。メッセージ、メール、Twitterなどでシェアやコピーのアイコンが出てくるので、これで簡単にシェアできます。

多くの人に自分の招待コードを教えて、メルカリに登録してもらいましょう。そうすることで、くじ引き券がたくさんゲットできます。

<下に続く>

メルカリの招待コードの入力方法

招待コード確認と同じく、入力もアプリ版でしかできません。アプリをダウンロードすると、会員登録画面が出るので、ニックネームやアドレス、パスワード、招待コードを入力します。招待コードは、大文字と小文字の区別があるので、注意して入力してください。

最初に会員登録画面が出ない場合は、左上の3本線のマークをタップすると、「会員登録・ログインへ」の項目が出るので、そこから会員登録に進んでください。

そのあと、くじ引き画面に切り替わるので、「招待くじに挑戦する」をタップして、くじ引きをします。

また、招待コードを入力できるのは、会員登録の際の1度きりです。あとで入力しようと思って飛ばしてしまうと、もう2度と入力できなくなってしまうので、注意してください。

<下に続く>

複数端末でメルカリの招待コードを送り合うのは違反

null

招待コードを誰に送っても、何人に送っても構いません。複数のアカウントを使って自分で招待コードを送り合えば、1回に600ポイントもらえると思うかもしれませんが、複数端末で招待コードを送り合うのは違反とされています。

そもそもメルカリでは、1人の人間が複数のアカウントを作ることを禁止しています。そのため、招待コードを送り合うためだけに、複数の端末で別々のアカウントを作ること自体が違反になってしまうのです。

もちろん、1つの端末でも、メールアドレスやログイン方法を変えて、複数のアカウントを使い分けるのは違反です。

招待コードはあくまでも友人や知人、家族など、自分以外の人同士で送り合うものです。違反がバレるとアカウント停止になる場合もあります。招待ポイントの不正取得は即刻退会処分との記載もあるので、気をつけましょう。

<下に続く>

メルカリが招待キャンペーンを行っていることもある

実は、メルカリの招待くじ制度は、以前の確実に300ポイントがもらえる制度から完全に移行したわけではなく、期間未定のキャンペーンであるという意見もあります。

2017年3月頃に、現在の招待くじ制度がキャンペーンとして始まり、1年近く経った現在でも、そのキャンペーンが続いているのです。

そのため、今後、招待コードの入力でゲットできるポイントが一律300ポイントに戻ったり、キャンペーンでもらえるポイントが変わったりする可能性もあります。

そのため、メルカリへの入会を考えている方は、キャンペーン期間も確認してから入会するのがおすすめです。

また、すでに入会している方は、こまめにキャンペーン情報をチェックして、賢く招待ポイントをもらいましょう。

ただし、キャンペーン中に獲得したポイントは、普段の招待でもらえるポイントの180日よりももっと有効期限が短いことがあるので注意が必要です。

<下に続く>

メルカリの招待コードはメリットが多い!確認方法と入力の仕方のまとめ

メルカリの招待コードを使えば、招待した側も、新規に入会した側もメリットがあることがわかりました。

招待コードの確認、シェア、入力は全てとても簡単な作業なので、入会の際は必ず招待コードを使いましょう。

また、ブログやSNS、掲示板などに自分の招待コードを記載して、不特定多数の人に招待コードを使ってもらったり、キャンペーン時を狙ったり、よりお得になる方法も試してみてください。

違反には十分注意して、メルカリの招待コードを賢く利用し、お得にメルカリを使いましょう。

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事