ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする

dカードminiの解約方法・手順・詳細を解説!

Large pexels photo 297743 1

docomoでは、電子マネーiDが簡単に使えるdカードminiというサービスが展開されています。

店頭だけでなくアプリからも申し込みができることから一応利用申し込みはしたけれども、電子マネーを利用することにあまりメリットを感じない方や、あるいは月額の利用料金に上限額が設定されていることに不自由さを感じて解約を考える方も多いようです。

そこで、今回はこのdカードminiの解約方法についてご説明します。

dカードminiの解約をしない場合のリスクについて

dカードminiを利用するためには、アプリ等からカード情報を登録する必要がありますが、一度この登録をすることによって電子マネーサービスを利用できることになるかわりに、携帯電話端末を解約したとしても、それとは別にこの登録情報は生き続けることになります。

したがって、dカードminiの情報を自ら削除しない限り、契約者の情報が残存することになるので、第三者に盗用されるリスクが発生することになります。

ただし、dカードminiに関しては、通常のクレジットカードと異なり利用上限額が設定されているので、契約状況に応じて、5000円、1万円、3万円以内という形で、リスクの上限額には一応の歯止めがかかります。

もっとも、金額面だけのリスクだけではなく、これらのカード情報を第三者の盗用の可能性があるという状態においてしまうことによって、直接的なカード情報だけではなく、その他の個人情報(住所や氏名、暗証番号)などについての情報が流出するリスクもあります。これらの情報が他の場面においても悪用される可能性もありますので、現代社会の情報リテラシーの一環として、これらの情報管理はしっかりと行うべきでしょう。

<下に続く>

dカードminiの解約が必要となるケース再確認

携帯キャリアを変更する場合など、いくつかの場面において、dカードminiの登録情報を変更するか、もしくは削除しなければならない場合が発生します。そのような場面について、以下で説明をします。

dカード、dカードゴールドにアップグレードした場合

dカードminiからdカード・dカードゴールドにアップグレードする場合には、iDアプリもしくはdカードアプリにおいてこれらの新しいクレジット情報を追加することによって再設定をすることができ、電子マネーを継続して利用することができます。

これらの必然として、dカードアプリからアップグレード設定を実施した場合には、dカードminiが削除されますし、iDアプリからアップグレードの設定を行った場合には、dカードminiが解約となります。

アップグレードによって従来のdカードminiの情報が新しいカード情報に上塗りされるというようなイメージを持っていただいて結構です。

携帯電話キャリアをかえた場合

携帯電話のキャリアを変更してドコモ回線を解約する場合や名義を変更してそれまでの名義人がドコモの契約者から離脱する場合、あるいは、ドコモ回線の利用を休止する場合には、dカードminiの登録情報を削除した上で、解約手続きに進むことになります。

dカードminiのサービスは、ドコモの携帯を契約していることが前提のサービスですので、キャリアの変更にともなって、dカードminiも当然に解約しなければならなくなります。

携帯を使わなくなった場合

携帯電話を使用する人がいなくなった場合、基本的にそのまま端末の料金を支払い続ける意味はないでしょうから、当該携帯端末を解約するか利用休止の手続きを経ることになるでしょう。

そのような場合についても、dカードminiの情報が残存したままでは第三者によって使用される危険性がありますので、これらの情報を削除した上で、解約等の手続きに進むことになります。

<下に続く>

dカードmini解約手順

dカードminiを解約する場合の手続きについて、端末の種類によってアクセス画面等が異なりますので、それぞれの端末ごとに手順をご説明します。

スマホの場合の解約手順

スマートフォン(FeliCa搭載のおサイフケータイ製品)の場合に、カード情報の削除を行うためには、カード情報を設定した時のドコモUIMカード(FOMAカード)を差し込んで作業を行わなければなりません。その上で、以下の順で作業を行います。

①iDアプリを起動して、「dカードmini」を選択します。
②メニューから「各種お問い合わせ」を選択します。
③「解約」を選択します。
④ネットワーク暗証番号を入力した上で、「解約」を押します。
⑤iDアプリを起動し、「dカードmini」を選択します。

これで完了です。

iモードの場合の解約手順

iモードの場合の解約手順について説明します。スマホの場合と同じく、カード情報を設定した時のドコモUIMカードを差し込んで作業を行う必要があります。その上で、以下の作業を行います。

①ケータイの「メニュー」から「iアプリ」のソフト一覧の中から、「dカードアプリ」を起動します。
②「ケータイ設定メニュー」を選択します。
③「解約」ボタンを選択します。
④ネットワーク暗証番号を入力した上で、「解約」を押します。
⑤退会完了を告げる画面が表示されると、退会手続が完了したことになります。

ドコモショップで解約したい場合

実店舗において解約をする場合であっても、登録したカード情報についての削除は契約者側で行う必要があります。したがって、いずれにせよ(1)または(2)の作業を行う必要があります。

電話連絡で解約したい場合

コールセンターに解約の旨を申し出る場合であっても、登録したカード情報についての削除は契約者側で行わなければなりません。したがって、実店舗における解約の場合と同じく、(1)(2)の作業によって、登録したカード情報の削除を行わなければなりません。

<下に続く>

dカードminiの解約方法・手順・詳細を解説のまとめ

以上でご説明した通り、dカードminiの解約に関しては、dカードやdカードゴールドの解約とは異なり、ネット上に登録した契約者のカードに関する個人情報の取り扱いについて、各自でしっかりと管理をしなければなりません。

これらを放置してしまうと、万が一第三者によって盗用された場合に不測の損害を被ることになります。したがって、これらの情報を削除することを忘れないようにしましょう。

もっとも、dカードminiに関しては、入会手数料も年会費も全くかからないサービスとなっていますので、docomoの携帯端末を解約する場合はdカードminiの解約も強制されますので仕方ありませんが、そうではない場合には、わざわざ解約をする必要もないように思います。

一度解約をしてしまうと、再び利用したい場合には再申請をする必要がありますし、その際に許される利用上限額が最低限の5000円からスタートする可能性もあります。

したがって、docomoのキャリアを解約する場合以外の方であるならば、dカードminiの解約について、今一度慎重に検討することをおすすめします。

<下に続く>

ライフプラス編集部(ライフプラス編集部)とは

ライフプラス編集部では、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
ライフプラス編集部を通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事