ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする
2017/10/27

自撮りが多い勘違いブス女の特徴まとめ!出会った時の対処法は?

Large photo 1499313843378 eebdb187f629

勘違いブスな女とは?

みなさんの周りに勘違いブスはいるでしょうか。多少ならまだしも、度が過ぎると少し引いてしまいますね。イタイ女だと思うことも多いのではないでしょうか。たまにですが、巻き込み事故のように自分も迷惑がこうむる場合があります。

自撮りはよく勘違いブスの定義といえるほどのものですが、撮り方や頻度など、そのあたりにも注意するべきことなども紹介していきます。自分が勘違いブスだと自覚している人はまずいないでしょう。

しかし周りで勘違いブスはいるものです。そんな勘違いブスの特徴や、出会ってしまった場合の対処法も合わせて紹介していきます

<下に続く>

勘違いブスは普通のブスな女とは違う

視線

『ブス』というと、ルックスのみを指す言葉になりますが、『勘違いブス』は中身や言動を含めての言葉です。つまり、ルックスがそれなりでも、言動が伴っていなければ勘違いブスとして仕分けられることもあるということです。

性格ブスという言葉もありますね。特に今はネットの普及が著しく、ほとんどの人がSNSを利用しています。SNSの拡散力はすさまじく、SNSが発端で犯罪が発覚し、逮捕者が出るほどですね。

つまり自分ではいいと思っても、それを見るすべての人が同じ意見とは限りません。100人いれば100人の意見があるので、当然違う意見の持ち主もいます。

自分は可愛いから大丈夫!とは思っていないでしょうか。それは勘違いブスの始まりと言えるでしょう。

ブスといわれる根本的なルックスの変更は整形をするほかないかもしれませんが、勘違いブスは意識ひとつで脱却できます。治せるものは治した方がもちろんいいですよね。

次からは勘違いブスの特徴を紹介していきます。

<下に続く>

勘違いブスな女にあるあるな特徴20選

勘違いブスの特徴①SNSで自撮り写真の投稿が多い

ハロウィンやクリスマスなど、イベントでコスプレをした時の自撮りなどはよく見かけますし、可愛らしいものなので男女問わずウケもいいものです。しかしイベントでもなくとにかく自撮りを上げる人はいないでしょうか。

たとえばカフェに行ってコーヒー片手に自撮り、パジャマに着替えて自撮り、猫を抱えて自撮りなどなど、いわゆる『ダレトク』な自撮りは勘違いブスだと思われるでしょう。自分大好きすぎてイタイと思われてしまいます。

SNSをやらない人の理由は?SNSをやらない女子の方がモテるし幸せ?SNSをやらない人とは?どんな人? SNSをやらない人もいると思います。ここでは、SNSをやら...

勘違いブスの特徴②「ブスつらい…」と言いながら自撮りを投稿する

SNSの投稿に「ブスすぎてつらい」などと書き込んでおきながら自撮りをアップする女性です。本当に自分のことをブスだと思っているのであれば自撮りなどSNSにあげることはしません

このようなタイプは「全然可愛いよ!」というようなコメントを求めているんです。なのでからかい半分で「本当だ、ブスだね。」などとコメントすると、自分では可愛いと思っているのでものすごく怒ります。意味が分かりませんね。典型的な勘違いブスといえるでしょう。

勘違い女は自撮りが多い?勘違い女にありがちな特徴まとめ10選!勘違い女は自信の裏返し? みなさんの周りに勘違い女だなと感じる人はいるでしょうか。嫌なイメー...

勘違いブスの特徴③体型に合わない服装

明らかに自分の体型に合っていない服装をする女性がいます。勘違いブスは自分がモデル体型だと勘違いしているので、モデル級のスタイルでなければ似合わない服装も平気で着てしまいます。

それをSNSにあげるという行動にまで出てしまいます。もちろん自分では似合っていると思っているので、周りも当然褒めてくれるものだと勘違いしています。周りもはっきりと似合っていないとは言いにくいので、スルーする場合がほとんどです。

また、似合っていないなどのコメントがあっても自分の都合の悪い意見は目に入らないのが勘違いブスの特徴でもあります。

勘違いブスの特徴④年齢に見合わない服装

体型もなのですが、明らかに年齢に合っていない服装をする女性もいます。自分は若くて美しいとおもっているので、実際は10代の女性が着るような服でも着てしまいます。

反対にまだ若さが武器の年齢でもセクシーな服装をし、逆に不格好なんてパターンもあります。10代の女性が20代後半~30代前半の独特な色気をかもし出す服装をしても、変だという印象を受けてしまいますね。

背伸びをしなくても、自分に本当に合った服装をすればおのずと魅力的になるものです。

勘違いブスの特徴⑤病んでいるアピール

これはかまってちゃんにも当てはまるのですが、今自分は大変だ、しんどいんだとアピールをしてくる女性がいます。SNSでも同様の投稿をします。「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてもらいたいのです。

しかし実際載せている写真は自撮りであることが多く、周囲はあまり心配をしません。反対に「元気じゃん。」という印象を与えてしまいます。悩んでいる女性ははかなくて魅力的にうつることもありますが、なんちゃって悩みの場合は周囲にストレスしか与えません。

勘違いブスの特徴⑥投稿内容と関係のない自撮り

例えば選挙があったとしましょう。そのときに「〇〇議員負けちゃった!」などと書いていながらなぜか載せている写真は自撮りというものです。選挙と自身の顔は関係ありませんよね。

政治も興味を持っていますとアピールをしたいのかもしれませんが、自撮りを載せてしまえば周囲は「はいはい…。」という反応に当然なります。ただ自撮りをあげたいだけで中身のない投稿だということですね。

勘違いブスの特徴⑦男性が怖いというアピール

男性恐怖症など、自分は男性が苦手なのだというアピールをします。それでか弱い、守ってあげたい女性像を植え付けたいのでしょう。本当に男性が苦手な女性は、悪気なく男性を傷つけてしまう可能性を考え、男性が苦手なのだと自分から言いません

もし不可抗力等で男性に対し拒否反応がでたときにはじめて「実は男性が苦手で…」と公言するものです。男性恐怖症はわざわざアピールをするものではありません。むしろ「面倒だな…」と思われる可能性もあります。

勘違いブスの特徴⑧しかし男好き

特徴⑦に続きますが、男性が苦手、怖いと言っておきながら男性が大好きです。必要以上にボディタッチをしたり、合コンにも進んで参加したりします。ワンナイトラブも数々経験していることが多くあります。

当然周囲はそれに気づくものです。しかし本人はばれていないとおもっているため、男性が苦手だとアピールを続けます。そうすれば男性が寄ってくると勘違いをしているのです。

勘違いブスの特徴⑨ナンパされた自慢

本当に好きなタイプの女性だったため、声をかけてくる男性も中にはいます。しかし大半は『遊び』での声かけがほとんどでしょう。つまり、「この女性ならイケそう!」と思われて声をかけられているのです。

ということは軽く見られている可能性があるため、あまりいいことではありません。しかし勘違いブスはそれを自分はモテるんだと勘違いするため、「今日ナンパされたの。困っちゃう。」と周りに報告し、さらにSNSにもその投稿をします。

周囲は「だからなんだ。」「軽そうだもんね。」という意見が多く渦巻いています。

勘違いブスの特徴⑩自己中心的

誰よりも自分が可愛く、優れていると思っているため、かなり自己中なところが目立ってきます。わがままを言えば周りが聞いてくれると思っていたり、むしろそのわがままさえも可愛いと思われていると勘違いしています。

確かに美女で性格も良い女性の、たまにのわがままであれば聞いてあげたくもなり、可愛いなと思えるものですが、そうでもない女性が、それも毎回わがままを言ってこられたらたまったものじゃありませんね。

可愛いどころか「なんだコイツ。」と嫌われていく可能性の方がかなり高いです。

自己中心的な人の心理や特徴、対処法!自己中な性格を直す方法は?自己中心的な人がまわりにいる場合、どう対応するのがベストなのでしょうか? ここでは自己中心的の...

勘違いブスの特徴⑪おごってもらって当然

男性は女性におごって当然という考えです。というよりは、周囲の人は可愛い私と食事やショッピングができるんだからそれをおごって当然と思っている、という表現が正しいかもしれません。

男性からすれば、狙っている女性やお付き合いをしている女性であれば自然とおごるものですが、なんとも思っていない女性に対しておごるのは嫌なものです。同じ女性でも相手が誕生日であったりすればおごるかもしれませんが、そう毎回毎回おごるわけがありません。

おごってもらって当然という考えはやめましょう。たとえ今日はおごりだと言われていても、財布を出すくらいするのがマナーです。

勘違いブスの特徴⑫面食い

かっこいい男性には誰しも憧れるものです。もちろん面食いがダメだというわけではありません。見た目が優れているほうがいいと思うのは当然なことです。

しかし勘違いブスは「自分は面食いではない。」と思ってもらいたいため、「この前イケメンとご飯に行ったんだけど、イケメンなのに優しくて…」というように『イケメンなのに〇〇』という表現をします。

しかし当然周囲からすれば「いやいや、イケメンが好きなだけでしょ?」と思いますよね。結局のところ、面食いだと思われたくはないが、イケメンと遊んだりできるんだというアピールがしたいのです。

勘違いブスの特徴⑬風景よりも自撮り

出かけたりイベントのときは自分よりも風景やイベントだと分かるものを写真に撮ってSNSにあげるものです。しかし勘違いブスはそんなものよりも自分が優先です。

「○○に行ってきたよ!」と書きながら、肝心な風景はほんの一部しか写っておらず、ほとんどが自分の顔のアップということがよくあります。風景よりも自分が主役なんですね。なんのための旅行なんでしょうか。

勘違いブスの特徴⑭自撮り棒は持ち歩く

勘違いブス、自分大好き女子の必須アイテムといえば自撮り棒です。いつでもどこでも撮れるように持ち歩いています。そしていかに自分が綺麗に撮れるか、カスタマイズしている人までいます。

いつどこに現れるか分からない自分のベストショットを逃さないために必死なのです。自撮り棒は便利ですが、周囲の迷惑になることも多いので使い時は考えましょう。

勘違いブスの特徴⑮恋愛経験豊富アピール

付き合った人数や、恋愛経験、体の関係のあれこれが多いアピールをする女性のことです。恋愛経験が豊富ということはつまり、モテるという勘違いをしてしまっているということです。恋愛経験が豊富な女性よりも一途にずっと同じ人と恋愛をしている人の方がよっぽど魅力的ですよね。

さらにいえばその語る経験が全て本当とは限りらないのです。自分の想像や妄想の可能性があります。しかし本当にあったことだと思い込み、自分の経験談として話すのです。そして聞いてもいないのに語りだし、「相談してね!」と妙な上から目線なところも引っかかりますね。

勘違いブスの特徴⑯男性を誘惑する

狙った人だけを誘惑するのならまだしも、常にミニスカートをはいて男性の目を自分に向けようとします。確かに男性は見るでしょうし、嬉しい気持ちはあるかもしれませんが、常日頃からそのような服装の女性と付き合いたいとは思わないものです。

軽い女だと思われ、ただの『性的対象』としてのみ見られてしまう可能性が非常に高いです。ミニスカートは特別なデートのときなど、TPOを大切にしましょう。

勘違いブスの特徴⑰自分に甘い

自分には甘いのに、人にはかなり厳しくあたってくる女性はいないでしょうか。自分は遅刻もするし、約束を守らなかったりもするのに、他人がそれをするとものすごく怒ります。

自分はそんなことをしているという自覚がないのかもしれませんが、すごく迷惑な話ですね。人の振り見て我が振り直せ、ということわざを教えてあげましょう。本当に立派な人は他人には優しく、自分には厳しいものです。

勘違いブスの特徴⑱ほかの女性の悪口が大好物

なにごとも自分が一番だと思い込んでいるので、他の女性の悪口を言うのがとても好きです。「あの子のあの服、似合ってないよね。」というような、「自分はどうなんだろう…」と思われるような発言を平気でします。

自分は完璧だから、悪いところを指摘してあげているんだというような気持ちなのでしょう。自分がいうことはすべて正しいと思っているのです。なので自分の考えがおかしいなんてことはまず思わないのです。

勘違いブスの特徴⑲欠点を認めない

人間は誰でもいいところがあれば悪いところもあります。だからこそ人間らしく、日々の生活も精進できるのですが、勘違いブスは自分に欠点などないと思い込んでいます。そこがすでに欠点なのですが、それにも気づきません。

欠点だと思われるところを『個性』という表現をしてごまかしているのです。なので同じ失敗を繰り返す頻度も多くなります。しかしそれでも自分のせいではないとまで思ってしまうのですね。

勘違いブスの特徴⑳とにかく自信家

特徴⑲までの紹介でほぼすべてに当てはまるのがこの『異常なまでの自信家』というところではないでしょうか。自信があるのはいいことなのですが、それがあまりに過度であると、ナルシストや自意識過剰、勘違いブスという表現をされてしまいます。

どこからそんな自信が来るのだろうかと、少し見習いたくなるレベルの自信家が勘違いブスには多いです。しかし口では「自信なんてないよ~。」というのも特徴ですね。なのでもちろん「そうだろうね。」などと言われるとすごく怒ります。

自信家の特徴や心理!嫌われることも?いい意味で自信家になる方法世間では自信家と言うと、プライドが高い・自信過剰といった人物像が思い浮かぶため、あまり良い印象...

<下に続く>

勘違いブスな女に出会った時の対処法

null

SNSで自撮り写真の投稿が多い女に出会った場合

とにかく無視をするのが一番でしょう。かかわりを持たないことが一番の対処法と言えます。しかしあまりに反応をしないと「なんで反応してくれないの?」と文句を言われたり、付き合いが悪いというような噂を流されてしまう可能性があります。

なので10投稿にひとつくらいの割合で反応をしてあげるといいかもしれません。それでもイライラしてしまう場合は、Twitterであればミュート機能というものがあります。そちらを利用すればタイムラインに流れてくることを防ぐことが出来ます。

ブロックやフォロー解除までしてしまうと、その人が友人の場合は特に悪い噂を流されかねませんので控えたほうがいいといえます。見ないようにしていても更新頻度が大変高いのが勘違いブスなので、完全無視は難しいかもしれません。

ああまたあげてるな、可哀そうな奴だ、程度に思って流してしまいましょう。そして当たり障りのない距離感を保つようにするのがいいですね。

自覚のない勘違いブスに出会った場合

他の勘違いブスの悪口をひたすら言いましょう。このときに名前を出してはいけません。「そういえばこの前、自撮りばかり載せている子がいてね…景色とか写ってなくて、自分大好きなんだなって思っちゃった。」というような表現をします。

○○さんと名前を出してしまえば、自分のことだとまず自覚をしないからです。

するともしかしたら「それって私のこと!?」と気づくかもしれません。しかし1対1での会話でそれは、あなたが悪口を板t人間として害が及んでくる危険もあるかもしれないので、友人等に協力してもらうといいかもしれません。

もうひとつポイントなのは、はっきりと「あなたのことを言っています。」というような内容は避けます。当てはまっていたり、そうではなかったりと話を組み替えていきましょう。なぜ勘違いをするのか、気づかないのかなど、自分にとってストレスである部分を遠回しに伝えましょう。

そうすることで相手は「もしかして私もそう思われているのかしら…」と不安に思って改善してもらえるかもしれません。

それでも無理だと思った場合

上記ふたつでも無理な場合は、もう思い切って本人に伝えてしまいましょう。女性から言ってしまうと「自分が可愛くないから嫉妬してるんだ。かわいそう。」なんて言われ、逆にダメージを与えられるかもしれません。

なので一番いいのは、その人が気になっている男性からはっきりと「自分が大好きそうな感じがして魅力が感じられない。」と伝えてもらえば効果があるかもしれません。おそらく勘違いブスは相手も自分のことが好きだと勘違いしているはずです。

そのような相手にそこまではっきりと言われてしまってはさすがに気づくのではないでしょうか。はじめはプライドもあるので怒ったり、こっちから願い下げだなんていうかもしれません。しかし確実にダメージは与えています。

すると冷静に客観視し、確かに言われてみればそうかもしれないと思う可能性もあります。しかしその体験談を女友達に「この前あの人にこういうこと言われたの!ひどくない!?」と相談をする可能性も高いです。

そのときに同情してはいけません。「え?今更気づいたの?」というような態度もよくないでしょう。少しばつの悪そうな顔をしながら「とうとう言われちゃったか…」と独り言のようにつぶやきましょう。

すると意中の彼だけでなく、周りもそう思っていたんだということを嫌でも自覚することになるでしょう。はじめは認めないかもしれませんが、徐々に自分の行動が恥ずかしくなってくるものです。

友達だからこそ指摘をすることも大切ですよ。

<下に続く>

自撮りが多い勘違いブス女の特徴まとめ!出会った時の対処法は?

null
いかがだったでしょうか。勘違いブスは周囲に不快感を与えます。もしくは面白おかしく笑われている可能性も非常に高いです。そのような人間になってはいないでしょうか。

自撮りとはやはり自己満足のようなものなので、頻繫にSNSに載せるのはいいこととは言えません。そもそも普段普通に生活をしていればそんなに自撮りをする機会はないはずです。

それをわざわざ頻繁にあげるのですから、勘違いブスや自分大好きだと思われても仕方がありませんね。同じような感覚の人も中にはいるようですが、母親が子どもの写真ばかりあげるのとは全く意味が違います。

母親が子どもをかわいがるのは当然ですし、親から子への愛情です。しかし勘違いブスの行動は自分から自分への自己愛以外のなにものでもありません。そのようなことを続けていれば他の人からの愛情はなかなかもらえなくなります。

男性経験が豊富であったり、彼氏がコロコロ変わるのはモテるからだと勘違いしていることも多いですが、それは周囲からは単純に遊ばれただけ、かわいそうだと思われていることを自覚しましょう。

本当に大切な相手とはワンナイトラブなどまずないですし、すぐに別れるなんてことはありません。それはモテているわけでもなく、軽い女としてみられているということにも気づきましょう。自慢することではありません。

勘違いブスは言葉の通り、嫌われる傾向にあるので、早めに脱却ができるといいですね。

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事