ライフ+ | ライフスタイルをより豊かにする

dカードのポイント還元率は高い?dカードの使い方やポイントの貯め方を解説

Large money card business credit card 50987

dポイントカードとは?

お得なポイントを無理なく貯められるカード

dポイントカードとは、加盟店において提示することで、ポイントを獲得でき、たまったポイントを様々な形で使用することのできる機能を持った、便利なカードです。当初は、ドコモグループのカード、という印象が強かったのですが、加盟店が拡大し、便利で、dポイントカードの提示により割引もできるなど、お得であることから、所有者が増加しています。中でも、マクドナルドやローソンで割引やポイントの還元が可能なことは、カードの所有のメリットを増大させていると言えます。ドコモユーザーだと、携帯電話にかける料金の負担額や、契約内容にもよって、特別ポイントがもらえるなど、dポイントカードを活用することで、さらなる特典があります。

dポイントカードには入会金、年会費がいらない

dポイントカード発行時に、入会金、年会費はかからず、お得なサービスとなっています。dカードでも、初年度無料で、初年度1回でも決算利用すれば次年度も年会費は無料と、こちらもお得なサービスとなっています。dポイントカードを利用することで、ポイントがお得に貯められ、使用する場面も多い中で、入会費も年会費も無料であることから、是非持っておくべきカードと言えます。

null

dカードとdポイントカードについて解説!

dカードとは、dポイントをお得に貯めることが可能なクレジットカードです。dポイントカードとの一番の相違点は、クレジットカードとしての機能の有無です。dカードは、クレジットカードとして、決済にも利用できます。

カードの決済機能の有無

ショッピング時、dカードを決済に使用すると、カード提示によってのポイント付与に加え、カードの決済によってもポイントが付与されます。具体的には、提示分の付与として100円毎に1ポイントが、決済分として100円ごとに1ポイントが、それぞれ付与されます。対して、dポイントカードは、店頭にて購入時に提示すると、同様に100円ごとに1ポイント得られますが、決済機能はなく、また、決済に付随するポイント付与もありません。店でのショッピングにクレジットカードを多用する方は、dカードを持つ方が得をするでしょう。

dポイントを獲得した方がお得だということになります。加えて、dカードには、ローソンや、マクドナルド、ノジマで決済に使用すると、前述のポイント付与に加えて、さらに税抜き価格から3%分のポイントが還元されるという、大変お得なサービスが含まれています。

<下に続く>

dカードプリペイドとは?

事前にチャージが要求される点でdカードと異なる

dカードプリペイドというカードもあります。dカードとの違いは、あらかじめチャージが求められることと、決済時のポイント還元率にあります。

dカードプリペイドは、あらかじめチャージした内でショッピング時に決済に使うことのでき、dポイントも貯めることができるお得なカードです。クレジットカードの機能のついたdカードと違い、あらかじめチャージした範囲内でのみ使用するため、無駄遣いを減らしたい人向けのカードとも言えます。

決済時につくポイントにも差がある

提示することで100円につき1ポイントの進呈があることは、dカードやdポイントカードと共通しています。しかし、決済時の付与ポイントは、dカードよりも少なくなっています。dカードプリペイドでは、200円の決済につき、dポイントは1ポイントのみと、dカードが100円で1ポイント付与なのに対して、還元率が半分となっています。
しかし、ローソンでの3%割引、電子マネーidの使用が可能など、dカードの良さは一部取り入れています。

<下に続く>

dカードetcとは?

他にも、dカードetcカードというものもあります。これは、料金所の通過の際に料金の支払いを行うカードで、100円のetc利用につき、dポイントが1ポイント付与されます。高速道路を頻繁に利用される方には、お得にdポイントを効率よく貯められるカードと言えます。また、貯めたdポイントは、通行料金として利用可能であり、利用額が多いほど、通行料金が事実上割引となるサービスを提供しています。なお、利用料金は、dカード等の所有を前提にした上で、そちらとまとめて支払いとなります。

<下に続く>

dカードminiとは?

dカードminiというものもあります。dカードminiとは、支払時にドコモの携帯を読み取り機にかざすことで、電子マネーidによる決済が毛可能となるサービスのことです。dカード mini で決済を行うと、決済によるポイントとして、200円の支払い利用につき、1ポイントが付与されます。提示に対しては付与されません。

dポイントカードとdカードminiとの同時利用も可能です。たとえば、プラスチックカードのdポイントカードを提示した上で、 dカードminiを使用し支払いを行っても、どちらの機能にもポイントは付与されますし、dポイントカードとdカードminiの2つの機能が入ったドコモの携帯やスマートフォンにより支払いをすると、どちらの機能によっても、それぞれポイントがつくのでお得になります。dカードminiは、ドコモの携帯料金と合わせて支払いになるので、前もってチャージする必要もなく、その点でも便利です。

null

<下に続く>

dポイントカードを手に入れる方法とは?

dポイントカード入手の方法は、以下の3つがあります。

加盟店もしくはドコモショップで入手する
(dカード プリペイドは、店頭配布はしていません。)

郵送により入手する

dポイントクラブアプリを使う

様々な入手方法がある

1つ目と2つ目は、プラスチックのカードを入手する方法、3つ目は、プラスチックのカードなしで、アプリを入れたスマートフォン(ドコモのうち、さらに対応機種に限られます)に、dポイントカードの機能を持たせる方法、ということになります。加盟店はたくさんあり、その一つとしてローソンもあることから、dポイントカードは、全国至る所で簡単に受け取ることができます。たまったポイントを使うには、カードを手に入れた後に、dアカウントを発行し、アカウント内において、利用しているカードの登録を済ませる必要があります。

<下に続く>

dカードとdカードgoldの違いとは?

dカードgoldでは、通常のdカードに加え、ドコモの携帯ユーザーにはお得なポイント付与の待遇があります。具体的には、ドコモの携帯料金や、ドコモ光の利用料金の税抜き価格の1000円につき100ポイントが付与されます。ドコモユーザーがお得にポイントを貯めるには、dカードgoldの方がメリットが大きいと思われます。

ただし、年会費が税抜き10000円かかることも考慮すると、dカードgoldを所有する他のメリットも加味して、dカードを持つか、dカードgoldを持つべきかは変わってきそうです。

<下に続く>

dポイントカードのランクとは?

dポイントカード所有者は、利用者のドコモの契約期間の長さ等に応じて、4つのステージにランク付けをされます。

ステージは、レギュラーステージ、ブロンズステージ、シルバーステージ、ゴールドステージの順にランクが高くなり、ランクが高くなった方が、より高額なクーポンが利用できたりと、サービス内容が向上します。ブロンズステージとなるには、ドコモの契約期間が10年以上か、dカードを持っていなくてはなりません。dポイントや利用頻度に、特に縛りはありません。
また、ゴールドステージとなることができるのは、dカードgold所有者のみとなっています。ランク付けに関しては、ポイントの多さに左右されない、ドコモ利用者優遇のシステムと言えます。

<下に続く>

dポイントをためる方法とは?

dカード、dポイントカード等による、dポイントを貯める方法は店頭でのショッピング時の提示、決済によって以外にも、様々な方法があります。

アンケート回答や、ドコモの回線の利用、専用のアプリを入れて(ドコモヘルスケアパックへの契約が必要。月額500円)、毎日歩数を記録してアプリをチェックするだけでもポイントが貯まります。くじやゲーム、すごろくによって貯める方法まで存在します。他社のポイントと還元することによってもたまり、PontaカードやJALカードによってポイントを還元することができ、お得です。

dポイントを貯める方法1 提携店で、dポイントカードを見せる

提携店でdポイントカードを提示すると、1%のポイント獲得です。 提携先は、ローソンやマクドナルドを始め、タワーレコード、 サンマルクカフェやドトールなど、多数有ります。近年提携店は急増しており、dカードを使える店舗は、なおも増加する予定となっています。dカードを支払時に見せることで、100円につき1ポイントのポイント獲得となります。ポイントは、1ポイント1円として利用することが可能です。

dポイントを貯める方法2  dマーケットを利用し、カードで決済

dマーケットとは、アマゾンや楽天市場のような、オンラインストアの一つです。このストアでのショッピング時に、dカードで支払うと、100円につき2ポイント獲得できます。

ただし、より細かく述べるならば、dカードによるdショッピング利用分として100円(税抜き)につき1ポイント、dカードによる特約店の利用分として100円分(税込み)につき1ポイントと、両者で条件が多少異なるため、実際の2%の還元率からは少しずれが生じると思われます。

dポイントを貯める方法3 他社のカードで貯めたものからdポイントに交換可能

  
jalマイルや、pontaポイントを、dポイントに交換することもできます。具体的には、jalマイルは、10000マイルから交換が可能で、10000マイルが10000ポイントになります。

交換単位は10000マイルごとになります。pontaポイントは、dポイントと交換することができ、pontaカードにおける100ポイントが、dポイントでも100ポイントに交換可能です。交換単位も100ポイント単位になります。

他にも、jcbのoki dokiポイントなど、たくさんのポイントとの交換レートが存在し、dポイントの使い道はますます広がっています。

dカードでのdポイント取得分に限らず、他のカードでの取得分を交換できることは、一つのポイントに集約しやすくなるというメリットがあります。
たくさんのカードを持っている人にとっても、メリットの大きい制度です。

dポイントを貯める方法4 カード無しでも、dケータイ払いプラス対応サイトでdポイントが貯まる

dケータイ払いプラスという機能があります。これは、クレジットカード等の機能を使わず、ドコモの携帯ユーザーが、携帯料金と合算する形で、対応しているサイトでの購入金額を支払うことが可能なサービスです。これを活用することで、dポイントを獲得できます。対応しているサイトの数も増えてきており、アマゾンなど、60店舗以上のサイトで対応しています。これにより、クレジットカードの利用額も減らすことができます。付与されるポイントは、100円の利用につき、1ポイントが基本ですが、時期により、ポイントの還元率が上がるキャンペーンを実施しているサイトも多く、利用の仕方によっては、よりポイントをお得に獲得することが可能となっています。
クレジットカードの機能を使わず、電話料金とともに料金を一体化させることができるメリットがあります。

dポイントを貯める方法5 カードを使わずとも、アプリ「歩いておトク」の利用でdポイントを獲得する

dカードの発行元のドコモの、ヘルスケアパック(月額税抜き500円)を契約することで、利用できるアプリの一つとして、「歩いておトク」というアプリがあります。
これは、自分が毎日歩いた歩数を記録するアプリです。このアプリを起動し、歩数を記録すると、歩数に応じたdポイントが付与されます。

dカードを直接的に介さずに、ポイントは与えられますが、アプリの利用が有料であることを考慮すると、利用料金を上回る分相当のポイントを確保するには、かなりの距離を歩くことになるため、ポイントによる純粋な利益は少ないかもしれません。

この方法よりは、dカードを利用して他の商品を購入した方が、効率的かもしれません。

dポイントを貯める方法6 カードを使わず、ギフトコの利用でdポイントを獲得する

ギフトコというアプリにより、dポイントを貯める方法もあります。ギフトコとは、メールやライン等を通じて、相手に少額のギフトを贈ることができるサービスを提供するアプリのことです。
このアプリは、利用料がかからない他、申し込みもいらないため、前述の「歩いておトク」よりは利用しやすいと言えます。直接、カードを書いたり、お店まで行く手間もなく、

ちょっとした感謝の意を示すために使われます。また、ギフトの購入自体もdケータイ払いプラスが利用できます。
ドコモユーザーかどうかに関係なく利用が可能ですが、dアカウントへの登録は必須となります。店頭でギフトを買う際に、dカード、dプリペイドカードやdポイントカードを活用してもポイントは得られますが、ギフト自体を買う手間や、金額の手軽さを加味すると、ギフトコの利用は、より便利なものと感じられるでしょう。

dポイントを貯める方法7 レシートで獲得する!カードと併用すればより便利に

レシートクとは、対象の商品を購入したレシートの画像を送れば、dポイントが付与される、というサービスです。対象商品は、身近なペットボトル飲料など、様々なものがあります。

スマートフォンでのみ利用可能なサービスで、カメラで撮影した該当商品のレシートを送ることで、ポイントが付与されます。
身近なところからポイントを貯められる制度となっており、お手軽に楽しくポイントを貯めることが可能になっています。購入時に、dカードやdポイントカード、dカードプリペイドでの利用に加え、さらに該当の商品であればポイントがつくなど、より得をすることが可能な仕組みとなっています。

<下に続く>

dカードで得た、dポイントの使い道とは?

dカード、dポイントカードなどによって貯まるdポイントは、加盟店において、1ポイント1円で利用することができます。これ以外にも、dマーケットでのネットショッピングや、貯まったdポイントと、旅行券、ギフト、JALカードのマイルなど、様々な会社の提供するサービス内容との交換が可能で、多様な形でdカード等により貯まるdポイントを交換できます。dカード等により貯まるdポイントを使用した応募キャンペーンもあり、少ないポイントで、抽選で豪華な景品が当たるキャンペーンに応募することができます。たとえば、2000円分のギフト券が抽選で当たるキャンペーンに、わずか5ポイントで応募することが可能です。

キャンペーンは常時、多数応募可能で、大きく得をするチャンスがあります。ポイントを使って寄付もできるなど、社会貢献も可能となっています。

null

<下に続く>

dポイントと、ポイント獲得のための様々なカードまとめ

ここまで、dポイントに関連する様々なカードや、dポイントを貯めることで得られるメリットについて述べてきました。dポイントは非常に便利であり、うまく活用すれば、お得に買い物ができます。自分の利用形態に合わせたカードを持つことができることも、大きな魅力でしょう。

Thumb lifeplus favcon
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、LIFE+(ライフプラス)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事