Kagami Yagami

Published by

Views
0
Likes
5
むかし、わたしは人形でした。意志のない人形でした。完璧に調整され、望むべき結果を最善の方法で達成する、完成された工芸品

だけど、いつでもわたしは満たされなかった。心は空っぽでした。機械のように凍てついて、涙を流す機能もなく、それでもわたしは『平凡』に『ふつう』に憧れました。殺し殺され、役目を果たす優秀な人形であるより、泣いたり笑ったりできる、どこにでもいる女の子になりたかった

もしも願いが叶うなら、神様、わたしは人間になりたかった
Share to your friends!!

Keyboard Shortcuts:

J
Next
K
Previous
L
Like
O
Zoom
P
History back

Details

  • COSTUMER / PROP MAKER
  • STYLIST

Comments